自分も日々も、変えられる。精神科医が紐解く映画「キングダム」

スクリーンショット 2019-05-26 0.34.09
 

絶賛公開中の話題の映画「キングダム」。週刊ヤングジャンプで連載されている漫画が原作の当作ですが、今回の無料メルマガ『セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術』の著者で現役精神科医のゆうきゆう先生によると、心理学的に非常に重要な点があるとのこと。ゆうき先生はどのような点に注目したのでしょうか。

映画「キングダム」に学ぶ、奴隷が出世する最大の秘訣

こんにちは。ゆうきゆうです。

映画「キングダム」を見て来ました。色々と話したい点があるのですが、中でも一番感動した、心理学的にもっとも重要な点を述べます。

映画「キングダム」は、とても味があった

というわけで、映画「キングダム」を観て来ました。こちらは、週刊ヤングジャンプに連載されているマンガ。現在、50巻以上発刊されています。すさまじいです。色々な所で話題になっていたので、自分自身、興味をもって、読んでみました。50冊…。すごい量ですが、飽きさせることがないので、スイスイ読めました。

一言でいうと、「秦の始皇帝の話です。世界史で学んだ方も多いかもしれません。その始皇帝の若いころから話が始まり、彼がどうやって帝国を築いていったか…というドラマになります。主役は始皇帝ではなく、その部下(かつ友人)でもある「信」という少年です。

さてまぁ、とにかくマンガも読んだことがあったので、あらためて映画を観てきたわけです。何と言うか、いや、最初から最後まで迫力あって良かったです。くわえて一人一人の俳優陣に味があって、とても面白かったです。

個人的にベストは悪役の本郷奏多さん。始皇帝の弟を演じています。まさに「美形の小物」という感じで素晴らしかったです。

そしてヒロインである橋本環奈さん。個人的に、橋本環奈さんって、「藤原竜也さんがどの映画に出てもちゃんと藤原竜也さん」なのに匹敵するくらい「どの映画に出てもちゃんと橋本環奈さん」だと思っておりまして。どこに出ても隠しきれない「おーっほっほ わたくし、橋本環奈でございますよー!」みたいな雰囲気というか。

カレーライスとかでたとえるなら、ニンジンとジャガイモと橋本環奈さん、みたいな。ぜんぜん溶け込んでない。全力で橋本環奈さんがいる、みたいな。ただこの映画では、いい意味でそれがなくて、いい意味で材料の一つになっていて、自然に溶け込んでいました。良かったです。

さてとにかく、俳優陣が一人一人、いい意味で味があって素晴らしかったのですが、純粋にストーリー的に感動した、何より重要な点を一つあげます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 自分も日々も、変えられる。精神科医が紐解く映画「キングダム」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい