オフィス廃止の企業に、仲居制度をやめた旅館…働き方改革いろいろ

shutterstock_737459251
 

仕事をするためにオフィスに出向くのが「当たり前」の世の中ではなくなってきているのかもしれません。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』で取り上げられているのは、オフィス自体を廃止したり、業界では常識と思われていた勤務形態を大きく変え成功しつつある企業。様々な業種で「働き方改革」が進んでいるようです。

オフィスなしの会社

いろんな意味で「働き方改革」が進んでいる。顧問先さま、関与先さまも計画年休などは少しずつ進んではいるが、TV番組では、日本のなかの進んでいる事例を紹介している。


新米 「昨日のTVで『働き方改革の現状』をやってましたね」

大塚 「あ~、私も見た、見た!でも、保育園のケースは、目新しいとはいえなかったわよ」

E子 「東京都江戸川区の『輝きベビー保育園』。職員募集の条件を変更したら応募が4倍以上に増えた!って話ね。『自分の子どもが預けられる』ってことなら、子供がいるから働けない保育士資格を持った人も働きやすくなるのは当然よねー」

大塚 「潜在保育士って76万人もいるんですってね」

深田GL 「他の職場ってどんなケースが紹介されてた?」

新米 「クイズがありました。システム開発会社の『ソニックガーデン』で思い切って廃止したものは何でしょう?!って」

E子 「あ、そこ見たわー」

大塚 「答えは、『オフィスを廃止

深田GL 「オフィスを廃止!?それって、どういうこと?」

E子 「どういうことってこともないっしょ。在宅勤務も増えてきたわけだし…。つまり、全員が家で仕事をすること。でも、システム会社だからできるんでしょうね」

所長 「在宅勤務は、うちでも前に実験したけど、やっぱりやりにくかったというのが、皆の感想だったね」

E子 「一番やりにいと思ったのは電話ですねー。その会社みたいに、TV電話にして、全員の顔がいつでもパソコンで見れてチャットでいつでも話せる…。そんな環境なら、オフィスなくして、自宅で仕事するってことも実現できるかもしれません」

深田GL 「パソコンがあれば、誰でもどこでも仕事できる時代にはなってきてるからなー」

E子 「でも、うちの場合は、内部だけでなく、お客様とのやりとりの方法が難しいわよね。メールでの連絡はできるとしても、電話がねー。個人はLINEやfacebookで話せるようになってはきていても、職場対職場では、まだ難しいわね」

所長 「昔は、固定電話でなく、携帯からお客様に電話するなんて失礼だとか思っていた時代もあったけど、感覚がどんどん変わってきたからなー」

大塚 「2016年、渋谷にあったオフィスを廃止。岡山の会社でリモティってシステムでした」

所長 「そのリモティってシステム、ちょっと調べてみようか…。これから、職場もそう言う風に変わっていくんだろうね」

E子 「社員同士が会うのは、年に数回。テレビ電話で飲み会もするんだってー。各自で好きなお酒を持ち込み、乾杯!って様子も映っていたわ」

新米 「飲み会から、抜けたくなったらパソコンを離れる、戻りたくなったら、また戻る。それも、自由」

深田GL 「ネット上のオフ会みたいな感じだな」

E子 「うん、そうかも。時代はどんどん変わっていくんだろーね」

大塚 「子育てをしながら働けるとも言ってましたねー」

所長 「家で仕事するんだから、それもできるね」

E子 「TVでこの会社を紹介していた弁護士で元大阪府知事、大阪市長の橋下徹さんもご自分のことを出勤は月に2回だけあとはメールか電話で済ませるっておっしゃっていたわ」

新米 「職場もそう言う風に様変わりしていくんでしょうか」

印刷する

人気のオススメ記事

  • オフィス廃止の企業に、仲居制度をやめた旅館…働き方改革いろいろ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい