なぜ人気の狭小アパートは「間取り」にここまでこだわるのか?

001
 

東京での一人暮らしを考える若者にとって、都内人気エリアでの家探しは予算との戦いと言っても過言ではありません。そんな中、狭小アパート「QUQURI」が注目を集めています。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、オーナーとユーザーの双方に価値を提供するQUQURIの戦略と戦術を解説しています。

売ったあとのことまで考える

今号は、人気のアパートを分析します。

● スピリタスが展開しているアパート「QUQURI(ククリ)」

戦略ショートストーリー

高い収益性」「1年中需要がある」というオーナーに対する価値、「人気な街に安く住める」「狭くても快適」というユーザーに対する価値で差別化しています。

狭小アパートとして、様々なメディアで取り上げられており、ユーザーからの支持を得ている。そして、ユーザーに支持される物件としてオーナーから注目されています。

■分析のポイント

賃貸のワンルームのアパートで世の中に出回っている「間取り」に、大きな差はないでしょう。誰が想像しても近しい「間取り」が浮かぶはずです。恐らく、多くの企業が「立地機能面を中心に差別化を図っていると思われます。

ワンルームのアパートの「間取り」は、売り手も利用者側も、こういうものだろうという常識的なイメージがある中で、そこに疑問を持ち、「間取りにこだわっている「スピリタス」の目の付け所が素晴らしいです。このこだわりが競争力の源泉となっているわけです。

スピリタスが提供しているサービス(投資用アパート)は、B to B to Cのビジネスです。B(自社)to B(オーナー)to C(ユーザー)となります。

「スピリタス」が優れていると感じるのは、Bオーナーにとっての価値とCユーザーにとっての価値を追求しているところです。

「スピリタス」のHPに記載されている「間取りも含め売ったあとのことを考えていない会社が多い」という指摘が事実であれば、「間取り」に徹底的にこだわり、立地を限定するという「スピリタス」の戦略は、理にかなっています。なぜなら、「間取りにこだわるのは売ったあとのことを考えていることの表れだからです。

「間取り」にこだわった結果として、売ったあとどうなるかというと、入居者にとっては、家賃を押さえながら快適に暮らすことにつながり、満足度も高まります。オーナーにとっては、人気アパートのオーナーになることになりますし、常に満室状態であれば、空室が増えるリスクに悩まなくて済みさらに高い収益性となれば、満足度も高まるでしょう。

上記のように、「間取り」こだわることがオーナー、入居者の双方にとって価値(うれしさ)につながり、満足度の向上につながるということです。

ワンルームのアパートのように常識的に決まった形があるようなものであっても、工夫次第で、新たな形新たな価値を想像することができるということを示した好事例だと思います。

今後、「スピリタス」のワンルームアパート「QUQURI」がどのような存在になっていくのか注目していきたいです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ人気の狭小アパートは「間取り」にここまでこだわるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい