その「ものさし」の基準は何か。部下や子供の評価に必要なもの

shutterstock_182722385
 

子供を叱ったりほめたりするとき、わたしたちはどうしても世間的な常識や暗黙のルールといったものに縛られてしまいがちです。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者で現役教師の松尾英明さんが、世の中のものさしにこだわらず子どもにとって「よいこと」「よくないこと」は何かを考えるべき、と記しています。

ものさしを疑う

大学の授業での学びからの気付き。美術の教授の授業である(物凄く面白かった)。刺さった言葉。

いいものに見えなくても素晴らしいことがある

曰く、「ものさしに振り回されすぎだという。特に、教師である。

芸術的表現の歴史的変遷を見ると、「抽象」への飛躍の時代がある。「3次元の世界を2次元で表現する」という命題上の写実主義からの脱却。「ポスト印象派」としてゴッホ、ゴーギャン等が挙げられるという。

ご存知の通り、ピカソは写実画もできる(できるなんてレベルではない。中学生ぐらいの時点の絵で、かなり極めている)。これを「上手い」と評価(表現)してしまうのが、大人(含教師)である。写実的だと上手いこのものさし100年以上前と同じで進化していないという。

抽象画を楽しめるというのは、価値観からの一つの脱却である。写実主義の物差しからすると、「下手」である。全く写実的でないからである。

従来のものさしでは到底はかれないからこそピカソは天才であり創造的であるともいえる。そもそもものさしというのは、誰かが決めた一定の尺度である。好き嫌いで考えれば、揃わなくて当たり前である。だから、それが本質的にいいか悪いかは、わからないはずである。

一方で、これは授業で出た話ではないが、高精度のカメラの存在する現代における、写実主義の発展も面白いと思う。カメラで捉えられる現実「以上」の姿を、写実的に描きだす。「こうあって欲しいという願いが、現実以上のものとして描き出される。それは、理想形である。現実とは違う。しかし、それもその人間が表現として求める世界である。

話が逸れた。「いいものの基準についてである。

作品だけでなく、子どもそのものに対する見方についても、同じようにいえるのではないか。子どもたち一人一人には、それぞれの異なる輝き、美がある。しかし、社会に生きる大人の価値観ではそれが見えない。さらにいうと、子どもの大切にしている世界も見えない。

大人の都合と理想を押し付けているのかもしれない。それは、それぞれの子どものもつ「価値美しさ」に、そぐわないかもしれない。

世の中には、あまり「よくない」ものでも、評価されていることがある。一方で「いいものだけど注目されないよい評価をされないものもある。

例えば、その目の前の子どもは本当に「よくない」のか。それは誰にとっての「問題行動」なのか。大人の側の価値観が偏ったり濁ったりしていないか

自分の中の「ものさし」を、いつでもアップデートできるようにしていたい。

image by: Shutterstock.com

松尾英明この著者の記事一覧

『まぐまぐ大賞2014[無料部門]教育・研究』の大賞受賞メルマガ。実践例を通して、教育観を磨きながら、具体的な手法にもふれていきます。「教育を志事にする」を信条に、真に役立つ実践的な情報だけを厳選してお伝えします。教育関係者を中心に、子どもに関わる全ての方々に向けて発信します。登録・解除ともにすぐできますので、ご一読よろしくお願いいたします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術 』

【著者】 松尾英明 【発行周期】 2日に1回ずつ発行します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • その「ものさし」の基準は何か。部下や子供の評価に必要なもの
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい