少女像めぐり大村知事「違憲の疑い」と河村市長批判。ネット賛否

2019.08.05
1314
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1045891705
 

愛知県の大村秀章知事は5日の記者会見で、同県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で元従軍慰安婦をモチーフにした「平和の少女像」(以下、少女像)などの展示中止を河村たかし名古屋市長が求めたことに関し、「表現の自由を保障した憲法21条に違反する疑いが極めて濃厚ではないか」と批判した、と共同通信毎日新聞などが報じた。

少女像は企画「表現の不自由展・その後」の一つとして出品。同トリエンナーレは1日に開幕し、実行委の会長代行の河村市長が少女像などを視察し「日本国民の心を踏みにじる行為」などとして撤去を要求。また、脅迫のファクスや抗議の電話などが相次いだため、大村知事が3日、展示の中止を発表していた。大村知事は「公権力は、市民の思想信条に関与することはできない。表現の自由は戦後民主主義の根幹だ。河村さんの行為は検閲ととられても仕方がない」などと主張したという。

一連の「表現の不自由展・その後」をめぐる動きについて、ネットでは「河村知事が正しい、大村知事はわかってない」「大村さんが知事でよかった」「撤去は当然だ」「これは検閲だ」と、意見が真っ二つに別れている。Twitter上の声を取り上げてみた。

Twitter上の反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:共同通信毎日新聞

image by: JUN3 / Shutterstock.com

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 少女像めぐり大村知事「違憲の疑い」と河村市長批判。ネット賛否
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい