香港デモを焚きつける米国が引き起こしたい「第2次天安門事件」

shutterstock_1469645576
 

長引く香港の「逃亡犯条例」改正案撤回を求めるデモに対し、「米国がデモを扇動」との見解を示した中国当局。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、中国のほぼ断定的な発言の根底に「米中覇権戦争」への焦りがあると指摘するとともに、過去の米露覇権戦争などの事例を紹介しながら、覇権争いとデモとの関係性の解明を試みています。

香港デモの黒幕はアメリカ

今年になって、というか夏に入って、香港が急に騒がしく
なってきました

「100万人デモ!」
「200万人デモ!」
「デモ隊が議会を占拠!」

などなど、驚くようなニュースがつづいています。このデモについて、中国は、「アメリカがやっている!!!」と考えているようです

香港のデモは「米国の作品」、中国が指弾

CNN.co.jp 8/1(木)19:15配信

 

香港(CNN) 中国の華春瑩報道局長は8月1日までに、「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めるデモなどが過去2カ月間続く香港情勢に触れ、「誰もが知っているように、米国の作品である」との見解を示した。

誰もが知っているように米国の作品である

ていうか、「誰もが知ってないし」ですね。特に日本人でそんな風に思っている人はほとんどいないでしょう。

北京での記者会見で述べた。「中国は半自治区である香港への外国勢力の干渉は決して許さない」とし、「火をもて遊ぶ者は自らが焼身するはめになるだけ」とも主張した。
(同上)

これ、「アメリカは焼身するはめになる!」と脅迫しているのですね。

香港情勢に関連し、中国政府当局者による米国の介入への直接的な指弾では最も強い表現となっている。中国国内ではここ数カ月間、香港のデモの背後に西側勢力の工作があるとの臆測が流れていた。香港の抗議デモの一部では過去に参加者が米国国旗を掲げる場面もみられた。中国の国営メディアも、香港の混乱を米国の責任とする社説などが再三取り上げられている。国営紙の環球時報は最近、香港の民主主義勢力の指導者と西側政府との間に前例のないレベルの接触があったとも報道。「逃亡犯条例改正案に抗議する勢力は米国の支援を受けていることは香港で公然の秘密」とも断じていた。華春瑩報道局長はこの点に触れ、香港の民主主義勢力の著名な指導者と米国の政治家が公の場で会談したとのみ述べた。
(同上)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 香港デモを焚きつける米国が引き起こしたい「第2次天安門事件」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい