いまや犯罪にも自動音声「ロボコール」。アメリカの電話詐欺事情

shutterstock_293152349
 

「Flowers」を電話番号化すると「356-9377」。携帯電話でおなじみの数字部分に書いてあるアルファベットを利用し、単語で電話番号を表す方法は、アメリカでは携帯普及前からあったようです。そんなアメリカの電話事情を伝えてくれる『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住のりばてぃさんは、最近詐欺電話に遭遇したそうです。日本でも使われ始めた自動音声「ロボコール」による手口など、電話詐欺でも「先進国」のアメリカの事情を教えてくれます。

あの手、この手の電話詐欺

このメルマガを執筆中、知らない電話番号から電話がきた。1-800番から始まる番号で、日本でいうところのフリーダイヤル。英語ではトール・フリー・テレフォン・ナンバー(Toll free telephone number、以下トールフリー番号)と言う。

この番号(1-866とか、とにかく800番台)はアメリカ国内での通話は料金がかからないシステムで企業のサービス窓口によく使われている。しかも、宣伝にも便利。

アメリカでは1と0以外の番号にアルファベットが割り振られていて、例えば、2にはABC、3にはDEF、4にはGHIといった具合に配列されている。

このアルファベットは番号の下に明記されているので、それを見ながら文字に合わせて電話をかけるだけ。企業やサービス名をあてがって消費者が覚えやすいように工夫できるため多くの企業が活用している。

いろいろ事例はあるけども興味深いところでは、1-800-Flowers。創業は1982年の老舗のお花屋さん。アメリカでも最初にトールフリー番号を使った会社の1つでしかも社名にしている。

Eコマースが普及したらまっさきに、「1800flowers.com」とし、ウェブサイトも当然、https://www.1800flowers.com/…だ。

Eコマースサイトなので現在ではオンライン注文もできるけど、電話オーダーも対応していて、電話したいときは、1-800-Flowersにかければ良い。番号に変換すると、1-800-356-9377となる。わかりやすいし覚えやすい!

ニューヨークの地下鉄内の広告で良く見かけるものには、離婚専門の弁護士事務所による1-800-DIVORCE、などがある。インパクト強くてほんと覚えやすい!

そんなわけで、1-800番から始まる番号からの電話はどこかの企業もしくは、セールス電話であることが多い。だから、1-800の番号の電話に滅多にでないのだけど(重要であれば留守電かメールがくる)、ここ数週間で水の宅配や病院関連で1-800の電話でのやりとりがあったので、見たことない番号だな~と思いながらも念の為出てみた。

印刷する

人気のオススメ記事

  • いまや犯罪にも自動音声「ロボコール」。アメリカの電話詐欺事情
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい