義政公の夢の跡。銀閣寺で室町幕府八代将軍も愛でた月を観る旅へ

shutterstock_759959431
 

日本が誇る世界遺産、京都・銀閣寺。金閣寺とは対照的なその姿は、多くの魅力に溢れています。 今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者で京都通の英学(はなぶさ がく)さんが、銀閣寺の見どころや創建秘話を紹介しています。

世界遺産 銀閣寺の魅力と東山文化

日本が誇る世界遺産「銀閣寺」。華やかな金閣寺とは対照的に、控えめで趣のある佇まいは京都の風景にしっとりと溶け込み、見る者を魅了してやみません。今回は銀閣寺が建てられた経緯や創建した足利義政の当時の胸の内を探りながらさらなる魅力と謎に迫ります。

1.世界文化遺産 銀閣寺の概要

銀閣寺は京都市左京区にある観光寺院で、京都の観光名所の上位にランクインする有名な観光名所です。京都に17か所ある世界文化遺産の一つにも登録されています。正式名称は慈照寺(じしょうじ)といい、京都五山第2位の寺格を誇る臨済宗相国寺の境外塔頭(たっちゅう)の一つです。相国寺の境外塔頭とは、相国寺の境内の外にある相国寺に所属する小院です。ちなみに金閣寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ)といいますが、同じく相国寺の境外塔頭です。金閣寺と銀閣寺、2つの世界文化遺産の寺院を支配下に持つというのはものすごいことです。当時相国寺がかなり強大な力を持っていたことを伺わせますね。

銀閣寺は1482年に室町幕府8代将軍足利義政が開いた山荘です。お寺に改められたのは彼が亡くなった後のことです。

2.銀閣寺の見どころ

見どころは国宝の銀閣観音殿)です。建物は二層に分かれています。一層目の心空殿(しんくうでん)は書院風の建築様式です。二層目の潮音閣(ちょうおんかく)は花頭(かとう)窓をしつらえた唐様仏殿の様式の建物です。花頭窓は炎の形をした窓で禅寺で良く見かける窓ですよね。昔は「火頭窓」という字が使われていたようです。しかし、戦国の動乱期移行は火は災いを連想させることから「花」という漢字が使われるようになったようです。建物の閣上には鳳凰が立っています。鳳凰は日が昇る方角・東を向いていて、観音菩薩を祀る銀閣を守護しています。

3.国宝 東求堂同仁斎

銀閣の観音殿は質素で高貴な意匠が高く評価されています。特に東求堂の同仁斎は初期の書院造りの住宅建築遺構として非常に価値が高く国宝に指定されています。日本で初めて作られた四畳半の部屋ではないかと言われています。それまでは源氏物語絵巻などに見られるように大広間を御簾(みす)などの簾(すだれ)で仕切られた空間で人々は暮らしていたとされています。プライバシーなどほとんどないような生活様式ですよね。そのため四畳半の同仁斎の空間は当時としてはとても画期的でした。そしてこれが後の書院造りに発展していきました。日本人が壁で囲まれた小さな部屋に住みプライバシーを確保するようになったのはこの頃からだとされています。銀閣寺の東求堂が建てられたことで、人々の生活様式が変わるきっかけとなったのです。そしてその生活様式は現在も我々日本人の生活の中に受け継がれているのです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 義政公の夢の跡。銀閣寺で室町幕府八代将軍も愛でた月を観る旅へ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい