NHK経営委員長が白状した「日本郵政にNHKが謝罪」の出来レース

arata20191017
 

日本郵政の鈴木副社長による言いがかりとも受け取れる猛抗議に屈した、NHK経営委員会。先日掲載の「詫びる気ゼロ。NHKと猿芝居した日本郵政を牛耳る権力者の実名」で、そのNHKサイドの判断を批判した元全国紙社会部記者の新 恭さんですが、今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では、何が鈴木氏を激怒させたのかを探るとともに、彼とNHK経営委員会のそれぞれが犯した「違反行為」を指摘しています。

猿芝居の日本郵政副社長とNHK経営委員長が国会で答弁

まったくガバナンスのきいていない日本郵政が、「クローズアップ現代+」の放送内容を根に持ち、あろうことか、ガバナンスがなっていないと理由をつけてNHKに抗議した問題。盗人猛々しい日本郵政のイチャモンに対し、それはそうだと無定見に相槌をうったNHK経営委員会はいったいどうなっているのか。

そんな、ため息まじりの怒りが世間に広がるなか、日本郵政側の仕掛人、鈴木康雄上席副社長と、同調者とみられる石原進NHK経営委員長の二人がそろって、国会にやってきた。

10月10日の衆議院予算委員会は、立憲民主党と国民民主党などが統一会派を組んで初の委員会論戦である。関西電力のお偉いさん方へ原発の地元企業から何億ものカネが還流していた疑惑などは、少なくとも関電の会長、副社長、あるいは1億円を超える金品をもらっていた二人の役員を呼んで、真相を追及すべきところだが、案の定、原発ムラと縁の深い自民党の反対で参考人招致はお預けになった。

関電はダメだが、これはOKというわけで、日本郵政の事実上の支配者と、九州財界のドンでもあるNHK経営委員長が呼ばれ、嫌々ながら国会に姿を現したのだから、とくと観察せねばなるまい。

この二人に対する質疑を担当したのが、小川淳也議員。立憲民主党の若手論客だ。この人はいきなり核心に切り込むから面白い。

小川議員 「NHKへのクレームの首謀者はおそらく日本郵政の鈴木副社長だ。総務省時代は放送課長だったことがある。そのころからの影響力をカサに着たのではないのか」

鈴木氏は放送界ににらみをきかせる立場で役人時代を過ごし事務次官にまで上り詰めた。退官して9年が経っても、総務省にはまだ力の及ぶかつての部下が幹部に出世して残っているだろう。

NHKへの抗議を主導したのは間違いなく鈴木氏である。だが、抗議の対象は「クロ現+」の番組内容そのものではない。最初にかみついたのは、続編のための情報提供呼びかけをしたクロ現公式ツイッターの動画だ。

鈴木氏 「圧力をかけた記憶はない。放送されたものに続いて第2回の放送をするというさいに、まったく事実の適示もなくきわめて刺激的な言葉だけを並べたような動画による呼びかけをしていたので、それを削除してほしいと要請した」

昨年4月24日に放送された番組では現役の郵便局員が告白”しており、リアリティがあった。NHKのサイトに“告白”の数々が掲載されている。以下はそのひとつ。

現役郵便局員です。高齢者に対する強引な勧誘、重要事項の不告知、虚偽の説明が常態化しておりまして…背景に会社上層部からの苛烈な要求を満たすため、追い込まれた現場がやむを得ずお客様をだましたり、複数人でお客様宅を訪問しているのが現状です。

こうした内容に鈴木氏らが激怒したのがコトの発端だが、事実に反すると思うのなら、実態をまずは調査すべきである。不正営業が行われていたのは確かであり、日本郵政のガバナンスこそが強く問われるべきだ。

NHKの制作スタッフは、第2弾を放送すべく、7月に入ると公式ツイッターに2本のショート動画をつけて情報提供を呼びかけた。鈴木氏はこの動画とコメントに納得できず、削除を求めた。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • NHK経営委員長が白状した「日本郵政にNHKが謝罪」の出来レース
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい