NHK経営委員長が白状した「日本郵政にNHKが謝罪」の出来レース

 

「厳重注意するほどの問題なのか」との質問に対し石原氏はこう答えた。

「10月5日付の文書が郵政から来て、現場のチーフプロデューサーが、会長に制作権はない、と言ったことなどが書いてあった。NHKのガバナンスの問題として会長の社員に対する教育が欠けているなと。視聴者に対して、郵政に対して、ちゃんとした答えをして納得いただく努力をしているのかということを調査した結果、厳重注意としたわけです」

要するに、鈴木氏の主張通りにしたということである。小川議員によると、NHK経営委員会が会長に「厳重注意」したのは、籾井勝人元会長が私的なゴルフでのハイヤー代をNHKに支出させたことが発覚した時を含めこれまでに二度しかないという。ふつうならチーフプロデューサーの発言で会長のガバナンスがこれほど問題にされたりしないはずだ。

鈴木氏はNHKのチーフプロデューサーが言ったことを放送法違反だと言いがかりをつけたが、「番組編集についての通則として、何人からも干渉・規律されない」(第3条)と定めた放送法に違反する圧力をかけたのはほかならぬ鈴木氏ではないのだろうか。ガバナンスの問題と称して、実質的には番組に干渉しているのだ。

また、NHK経営委員会は、会長を厳重注意としたさいの議事録の提出を求める野党各党に対し「作成していない」として拒んでいるが、このような重要事項の審議が記録されていないとすれば、それも違反行為に違いない

日本郵政もNHK経営委員会も同じ穴の狢だ。過酷なノルマを達成するため歪んだ営業に追い込まれた郵便局員、その実態をより詳しく報じようとした「クロ現+」のスタッフ。彼らはこの見え透いた猿芝居をどのような思いで眺めているのだろうか。

image by: MAG2 NEWS

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print

  • NHK経営委員長が白状した「日本郵政にNHKが謝罪」の出来レース
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け