桜を見る会、来年は中止。官房長官が表明も「余計に怪しい」の声

2019.11.13
1219
by gyouza(まぐまぐ編集部)
0413sakura03 copy
 

安倍晋三首相の事務所が後援会の人々をツアーで招待していたことが発覚し、公職選挙法違反の疑いなどが国会で追及されている今年の「桜を見る会」に関連して、菅義偉官房長官は13日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」について来年の開催を中止すると表明した。NHKニュース共同通信などが速報で伝えた。

NHKニュースによると、菅官房長官は「桜を見る会は、今般、さまざまな意見があることを踏まえ、具体的な手続きを確認をしたところ、内閣官房と内閣府から各省庁に推薦依頼を行ったうえで、提出された推薦者の取りまとめを行っている」と説明。「こうした手続きは、長年の慣行で行ってきているものだが、さまざまな意見があることを踏まえ、政府として招待基準の明確化や、招待プロセスの透明化を検討したい。予算や招待人数も含めて、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行うこととし、来年度の桜を見る会は中止をすることにした」と述べたという。今年の「桜を見る会」をめぐっては、安倍首相の地元後援会関係者が多数参加し、招待基準が不透明だと野党が批判を強めている。

来年の「桜を見る会」が中止されたことを受けて、ネット上では「余計に怪しい」「それだけでは幕は引けない」「逃げた」「疑惑についてちゃんと説明しろ」など、厳しい声が多数挙がっている。

来年の「桜を見る会」中止に対するTwitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: NHKニュース共同通信

image by: 首相官邸

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 桜を見る会、来年は中止。官房長官が表明も「余計に怪しい」の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい