出社強要、罵声と嫌がらせ。インフルエンザ・ハラスメントの実態

2019.12.26
11
by tututu
shutterstock_1311294242
 

今、「インフルエンザ・ハラスメント」というワードがにわかにネットを賑わせている。インフルエンザが完治する前に出勤を強要される、あるいはインフルエンザなのにそもそも休めない~など、インフルエンザにまつわるある種パワハラのような行為を指す言葉だという。ある調査で、社会人の約20%が完治前に、また約3%が休みを取らずに出勤していた-という衝撃の現状が明らかになったと産経新聞が伝えている。インフルエンザをめぐっては今月上旬、インフルエンザで高熱があった「はとバス」の運転手が死亡事故を起こしたばかり。インフルエンザが猛威を振るっている今、この「インフルエンザ・ハラスメント」は他人ごとではないかもしれない。

インフルエンザ・ハラスメントの信じられない嫌がらせ

国立感染症研究所の発表によると、2019年第50週(12月9日~12月15日)の間に全国およそ5000の医療機関を受診したインフルエンザの患者は7万7425人。これをもとに推計した全国の患者数は、およそ53万5000人となり、前の週からおよそ21万人増えたという。これは昨年と比べて6倍の数で、依然としてインフルエンザの流行が収まる気配はなさそうだ。

インフルエンザにかかってしまった場合、「発症後5日、解熱後2日」が経過してからが登校や出勤の目安とされている。復帰するまでは一週間が必要なのだ。それにも関わらず、産経新聞によると、ある調査で社会人の約20%が完治前に、また約3%が休みを取らずに出勤していたという衝撃の実態が明らかになったという。

では具体的に「インフルエンザ・ハラスメント」にはどんなことがあるのか?調べてみると様々な言葉や態度があるようだ。いくつかピックアップしてみよう。(出展:養命製造酒株式会社調べ

「数年前インフルエンザに感染、熱は予防接種をしたためあまり出ず、職場から『熱がないならこれるよね』と言われた。しっかり病院から言われた日数は休みました」
「仮病じゃないの?と言われた」
「休まれてみんなが迷惑しているんだけど」
「なんならこのままずっと休むか?」
「車内に感染を広めるつもりか」
「出社したら一日中嫌味を言われた」

どれも結構な嫌がらせに聞こえる。もはや立派なパワハラだと言えそうだ。高熱で体が弱っている時に、このような言われ方はかなりきつい。しかし、「インフルエンザ・ハラスメント」はこれだけではない。もっとひどい仕打ちを受けた人が多数いるという。

print
いま読まれてます

  • 出社強要、罵声と嫌がらせ。インフルエンザ・ハラスメントの実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け