プロが伝授。わかりにくい年金加入月数の計算を超簡単にする方法

 

コツさえ覚えれば平成も令和も大丈夫

じゃあ、平成16年8月から令和8年2月までの月数は何ヶ月か??

平成は31年4月30日まで存在しますがそれは無視して、平成は30年までとします。だから、平成30年-平成16年=14年と、令和の8年間を足して22年間。

  • 22年×12ヶ月=264ヶ月
  • 264ヶ月-5ヶ月(←令和8年の3、4、5、6、7月の5ヶ月を引く)=259ヶ月

これだけ。西暦なら2004年8月から2026年2月だから、2026年-2004年=22年-5ヶ月=259ヶ月としてもいい。まあ…好きなほうで月数を数えてもらえればと思います。

ただ、日本は元号の歴史は大事だから、和暦と西暦どちらでも月数計算ができるといいですね!慣れたら何の苦労も無いので、この記事でマスターしてしまいましょう^^ 月数を数えるのが楽になったら年金はグッと楽になります。

ちなみに「平成は31年4月まであるけん、平成31年中に生まれた人はどうするんか!?」と思われそうですが、それはそのまま使うといいですね。さっきの平成16年8月からなら平成31年3月までとしたら、31-16年=15年(180ヶ月)-4ヶ月=176ヶ月ですればいいかなと思います^^

たとえ、平成31年を令和とみなしても平成16年8月から令和元年3月までは、(30年-16年)+1年=15年-4ヶ月=176ヶ月になるので問題はないです。

追記

最後にもう一つ押さえてほしい事があります。

月数計算の時、例えば昭和56年7月16日に会社に入社して厚生年金加入してから平成18年3月20日で退職した場合の月数は何ヵ月でしょうか?

日数が出てきましたよね。

でも年金の場合は日数では計算せず、月単位で見ます。とりあえず月数を数えると、昭和63年-56年=7年(84ヵ月)と、平成の18年間(216ヵ月)で、合計300ヵ月。

3月20日というような、退職日が中途の場合は「3月」は厚生年金月数に含めない。よって、余った6月、5月、4月、3月を引くと300ヶ月-4ヶ月=296ヶ月が加入期間となる。

しかし、3月31日の月末退職の場合は3月も含む。これは退職日(3月31日)の翌日(4月1日)に年金資格を失う(喪失日という大事な日)ので、「喪失日の属する月の前月までが加入期間」という決まりがあるから。これは超重要なので覚えておいてください^^
それでは今日はこの辺で!

image by: Shutterstock,com

年金アドバイザーhirokiこの著者の記事一覧

年金アドバイザーのhirokiと申します! 年金は国民全員にとってとても身近なものであるにもかかわらず、なかなかわかりづらくてなんだか難しそうなイメージではありますが、老齢年金・遺族年金・障害年金、その他年金に関する知っておくべき周辺知識をご紹介します。 最新情報も随時お届けしています。 ※まぐまぐ大賞2016「知識・ノウハウ部門」2位受賞、2017年まぐまぐ大賞メディア部門MAG2NEW賞12位受賞、2018年まぐまぐ大賞知識ノウハウ部門5位受賞。 まぐまぐ殿堂入りメルマガ。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座 』

【著者】 年金アドバイザーhiroki 【発行周期】 不定期配信

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • プロが伝授。わかりにくい年金加入月数の計算を超簡単にする方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け