どうなる今年のアカデミー賞。NYの映画通日本人が評価する作品は

image by: Valeriya Zankovych / Shutterstock.comimage by: Valeriya Zankovych / Shutterstock.com
 

映画ファン大注目の第92回アカデミー賞が、日本時間の2020年2月10日にいよいよ発表されます。2019年は数多くの傑作映画が公開され、熾烈な争い繰り広げられる中、つい先日、ノミネート作品が発表。「1917 命をかけた伝令」「ジョーカー」「アイリッシュマン」「フォードvsフェラーリ」「パラサイト 半地下の家族など、人気作品がその栄冠を目指します。様々なメディアが独自の予想を立てていますが、ニューヨーク在住で年間50回近く映画館に通っているという高橋克明さんもその一人。自身のメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の中で、独自でつけた映画ランキングベスト10を紹介しています。

個人的「オレ的アカデミー賞!2020」

ただの趣味なのですが。特に人に自慢できる趣味もない、そんな僕の唯一の趣味が、毎週末の「さみしい中年ひとり映画館通い」でして。映画評論家になれるほど、詳細に詳しいわけでもなく、ただ単に「好き」だということなのですが。割と多忙な生活の中、年間で50回近くは映画館に通っている、ということ、と、空き時間にはいつもDVDを観ているということ、から、1986年あたりから、その年に「日本で公開された劇場映画」のベスト10のランキングを自分なりに選んでいました。

妻に「、、、で、、、、どこでそれを発表するの? 」とバカにされながら。

「えー、、と、メルマガ」と苦し紛れで答えたので、ここで発表させてください。(それが結構、毎年、評判よく・笑 )映画評論家の方より見ている本数は少ないけれど、でも、ぶっちゃけ本音で語れます。本業の方は絶対に忖度の気持ちが出てくる。

リアルなベスト10より、「こっち選んだ方がセンスあるって思われるよなぁ」とか、「ピンとこなくても高評価で、オスカーに絡んでる作品だし、入れとこっかな」とか。本業でもない僕はそんな微調整を一切しなくていい。なので、独りよがりの勝手で本音なベスト10を選べます。

だからって、評論家でもない僕が選んだベスト10なので、そっくりそのまま「おすすめ」にはならないとも思っています。なぜなら完全に個人的に「好き」か「きらい」かで選んだベスト10だから、です。

作品のクオリティーで選んでいない。どんなに質の高い映画でも「好き」じゃないと選んでない。当たり前ですが。なんなら「面白かった」、「つまらなかった」でも選んでいません。

面白くても、どうも好きになれない作品もあるし、つまらなくても、みょ~に、また見たくなる作品も少なくない。映画好きならこの感覚、わかってもらえると思います。

。。。。。。じゃあ、この10作品。おすすめもできないなら、マジで、誰のために書いているんだろう(笑)

でも、その映画の伝えたいことを前提に、自分の考えを述べることができるので、そのあたりを「読みもの」として楽しんでいただけたら、嬉しいです。

偏見かもしれないけれど「好きな映画なに? 」と聞いて、その答えによって、なんとなく、その人の価値観がわかるような気もしなくはないのです。あくまで、偏った僕の見方ですが、もし好きな映画を訪ねて、メジャーでもない、誰も知らない、ヨーロッパの文芸映画をサラッと、でも、得意げに話すヤツと、あんまり友達になりたくないしね(笑)なんとなく。

女性に、好きな映画は? と尋ねた場合。

マーベルのコミックシリーズを大きな声で答える女性とは飲みに行っても楽しそうだし、だからと言って「スター・ウォーズ」シリーズのマニアックな内容まで話されたら、面倒くさそうだし、ファン・トリアーとかの「ダンサー・イン・ザ・ダーク」あたりを答えられたら「闇あるのかな」と勘ぐっちゃいそうだし、直近のアカデミー受賞作品を答えられたら、流されやすく自分を持ってなさそうだなって思っちゃうし、タイトルも覚えてないのに「レオ様の出てたヤツ!」って答えられたらバカと思うし。でも、アニメオタクは意外と好きだったりします。わからない世界を教えてくれそうで(←めんどくせえなオレ)

男性に、好きな映画は? と尋ねた場合。

即決で「ターミネーター」!と答えるヤツとは、その場で友達になれそうだし(笑)でも、仕事は一緒にしたくないし。「ショーシャンクの空に」と答える人は日本だけで8億人いそうだし、「バットマン:ダークナイト」と答える人はネットの住人っぽいし(とんでもない偏見だなオレ)。たとえ偏見だとしても、男性で「プリティ・ウーマン」と答える人がいたら、、、ちょっとだけ、フリーズしちゃいそうな気もします。(いや、全然、悪くないんですよ、ぷりてぃうーまん)

どちらにしろ世の中に数えきれないほどある映画の中で、生涯の1本に「踊る大捜査線 THE MOVIE」と即答する人とは友達になれないです(言い切っちゃうけど)。

でも、映画ってあくまで私的な娯楽で、その人のその作品を見たときの状況にもよるから、たとえテレビドラマの劇場版だとしても、周囲がとやかく言っちゃダメなんだよね。それはわかってます。

なにより、今回の僕の「2019年劇場公開したベスト10」もくどいようですが、完全に私的なランキング。誰が見てもクオリティーが高い作品だとしても、好きになれないとランキングしていません。

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • どうなる今年のアカデミー賞。NYの映画通日本人が評価する作品は
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け