不祥事は実質ゼロ回答。安倍首相「カジノと改憲進めたい」の何様

2020.01.24
2013
by MAG2NEWS編集部 NK
 

憲法改正は国民の意?

自民党の二階俊博幹事長から、憲法改正論議の在り方を問われると、首相は「改憲に対する国民意識の高まりをしっかり受け止め、憲法審査会で与野党の枠を超えた活発な議論が展開されることを期待している」と答えた。安倍首相は自民党の会合での講演中にも、「先の参院選や世論調査の結果を見ても、国民の皆様の声は憲法改正の議論を前に進めよというものだと思う」と述べていたことから、改めて憲法改正に向けた意欲を示したとみられる。

改憲「反対」46%から目を背ける安倍首相

時事通信の1月の世論調査によると、安倍政権下の憲法改正について「反対」が45.9%にのぼり、前回の調査より4.6%増加したことがわかっている。「賛成」は0.9ポイント減の31.2%だった。調査は1月10日〜13日に全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施したもので、有効回収率は62.0%。「反対」が「賛成」を上回っている中、憲法改正は国民の意とするのはいかがなものだろうか。不都合なことに目を背け続けるのではなく、そろそろ現実と向き合っていただきたい。

Twitterの声



 ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:テレ東ニュース時事通信

image by:首相官邸HP

print
いま読まれてます

  • 不祥事は実質ゼロ回答。安倍首相「カジノと改憲進めたい」の何様
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け