北朝鮮の金正恩氏、手術後に重体報道。真偽不明にネット騒然

2020.04.21
111
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1385497733
 

米CNNによると、米情報当局者の話として、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が手術を受け、重体に陥っているとの情報があり、当局が注視していると報じている。情報の真偽は不明。新型コロナウイルス関連ではないとしているが、CNNは米中央情報局(CIA)、国家安全保障会議(NSC)、国務省への取材を続け、韓国にもコメントを求めているという。

金正恩氏、重体情報の真偽

15日の故金日成主席の生誕日は、遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿に参拝するのが通例だが、金正恩氏は姿を現さず、健康状態を巡って臆測を呼んでいた。

金委員長がこれほど重大な祝賀行事を欠席した理由は、専門家にも分かっていない。北朝鮮の最高指導者が過去にこうした重要行事に姿を見せなかった時は、重大な展開の前触れだったこともあれば、何事もなかったこともあるという。

金委員長が北朝鮮の国営メディアに最後に登場したのは今月11日。朝鮮労働党の政治局会議に金正恩氏が出席し、新型コロナウイルスへの対応策を話し合ったという。しかし、それ以降、姿は確認されていない。

ロイター通信も21日、韓国メディアの報道を引用し、金正恩氏が12日に心臓血管関連の手術を受けたと伝えているが、情報源は不明。日米韓は情報収集を急いでいる。

print

  • 北朝鮮の金正恩氏、手術後に重体報道。真偽不明にネット騒然
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け