菅義偉新首相と検察が裏取引?「安倍夫妻は不問に」談合政権の行く末は

 

「談合」で生まれた政権は長続きしない

さらに「暗さ」とも関連するが、談合で生まれた政権は初めから公明正大な正統性を欠いて「隠微さ」を抱え込むので、長続きはしないというのが一般法則である。

典型的なのは森喜朗政権で、2000年4月に小渕恵三首相が脳梗塞で倒れると、幹事長だった森氏が青木幹雄官房長官、村上正邦参院議員会長、野中広務幹事長代理、亀井静香政調会長を赤坂プリンスホテルの一室に召集し、その席で森氏を後継とすることを決めたので、後々これが「赤プリ5人男」と揶揄されることにもなった。森氏は01年2月の「えひめ丸」沈没事故への対応のお粗末をきっかけに支持率が8%まで下落して行き詰まり、1年余で総辞職した。

今回は5人ならぬ5派閥の談合で、総裁選を行うまでもなく菅氏に決めていた訳で、これを密室と言うにはややためらいもあるが、自民党の国会議員の多くや地方の党員・支持者にとっても国民にとっても全く見えないところでの決定であったことは同じで、こういうやり方はそれによって生まれる政権に勢いを与えることにはならない。

もし菅氏が、自分の最大弱点が「暗さ」の印象にあると自覚していれば、ここは敢えて正々堂々、党員投票を含む本格的な総裁選を自ら希望して実施して最初からそれを払拭することに賭ければよかったのだろう。それをしなかったのは、彼が小心者である証拠である。

閣僚・党人事にサプライズはあるのか

菅政権の本質は「安倍なき安倍政権」だから(本号FLASH 参照)内閣の骨格は大きく変えられないだろう。第1次森内閣が小渕政権をほとんど居抜きで引き継いだのと同じである。

具体的には、麻生副総理・財務相、茂木敏充外相、西村康稔経済再生相、二階俊博幹事長は留任だろう。官房長官は安定感のある森山裕国対委員長が本命で、河野太郎防衛相という説もあるが、口の軽い奴はスポークスマンには向かない。

総務相に橋下徹日本維新の会代表をサプライズ的に迎えて「自公+維」政権への布石とするのではないかという説もあるが、橋下氏のような目先の利く者が短命で終わりそうな菅氏に将来を託すかどうかは、かなり疑問である。

(メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2020年9月14日号より一部抜粋)

(続きはメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』を購読するとお読みいただけます。2020年9月中のお試し購読スタートで、この続きを含む、9月分の全コンテンツを無料(0円)でお読みいただけます)

高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

 

初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー

※2020年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、9月分のメルマガがすべてすぐに届きます。

  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.463]10月解散・総選挙はいくら何でも無理筋(9/14)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.462]安倍の何が何でも石破が嫌だという個人感情が生んだ菅政権(9/7)

いますぐ初月無料購読!

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2020年8月配信分
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.461]長ければいいってもんじゃない安倍政権“悪夢”の7年8カ月(8/31)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.460]立憲・国民が合流して新党ができることへの私なりの感慨月(8/24)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.459]世界最低レベルの日本のコロナ禍対策(8/17)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.458]「食料自給率」の主語は国、都道府県、地域、それとも個人?(8/10)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.457]コロナ禍から半年余、そろそろ中間総括をしないと(8/3)

2020年8月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.456]自然免疫力を高める食事こそが「新しい生活様式」(7/27)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.455]コロナ禍を機に起こるべき価値観の転換《その2》(7/20)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.454]コロナ禍を機に起こるべき価値観の転換《その1》(7/13)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.453]コロナ対策の大失敗を隠したい一心の安倍首相とその側近たち(7/6)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.452]ほぼ確定的となったトランプ敗退(6/29)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.451]イージス・アショアを止めたのは結構なことだけれども(6/22)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.450]ほとんど錯乱状態のトランプ米大統領(6/15)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.449]「拉致の安倍」が何も出来ずに終わる舌先三寸の18年間(6/8)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.448]安倍政権はいよいよ危険水域に突入した!(6/1)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.447]「10月」という壁を乗り越えられそうにない東京五輪(5/25)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.446]何もかも「中国のせい」にして責任を逃れようとするトランプ(5/18)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.445]ポスト安倍の日本のアジア連帯戦略(5/11)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.444]結局は「中止」となるしかなくなってきた東京五輪(5/4)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.443]こういう時だからこそ問われる指導者の能力と品格(4/27)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.442]「6月首相退陣」という予測まで飛び出した!(4/20)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.441]何事も中途半端で「虻蜂取らず」に陥る日本(4/13)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.440]米国でも物笑いの種となった「アベノマスク」(4/6)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.439]1年延期でますます開催意義が問われる五輪(3/30)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.438]もはや「中止」するしかなくない東京五輪――安倍政権の命運もそこまでか?(3/23)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.437]改めてそもそもから考え直したいヒトと微生物の関係(3/16)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.436]後手後手をカバーしようと前につんのめる安倍の醜態(3/9)
  • [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.435]安倍独断で「全国一斉休校」に突き進んだ政権末期症状(3/2)

2020年3月のバックナンバーを購入する

image by: 自由民主党 - Home | Facebook

高野孟この著者の記事一覧

早稲田大学文学部卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。現在は半農半ジャーナリストとしてとして活動中。メルマガを読めば日本の置かれている立場が一目瞭然、今なすべきことが見えてくる。

有料メルマガ好評配信中

    

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 高野孟のTHE JOURNAL 』

【著者】 高野孟 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週月曜日

print
いま読まれてます

  • 菅義偉新首相と検察が裏取引?「安倍夫妻は不問に」談合政権の行く末は
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け