総理の資質ゼロ。菅義偉氏がTVで言い放った官僚脅しの独裁者発言

 

ここまでの発言だけでも、菅義偉の「総理の資質ゼロ」を証明するには十分ですが、投開票日の前日の9月13日、最後のトドメが炸裂しました。この日のフジテレビで、「内閣人事局の見直し」について質問された菅義偉は「見直す必要はまったくない」と断言したのです。そして、その上で「私どもは選挙で選ばれている。何をやるという方向を決定したのに、反対するのであれば異動してもらう」と述べたのです。

この意味不明な発言を正確な日本語に翻訳すると「私たち政治家は選挙によって国民から選ばれた存在なのだから、私たちが進める政策は国民の総意である。もしもその政策に反対する官僚がいたら、内閣人事局の権限で異動してもらう」という意味、つまり、官僚への脅しなのです。こんなことをテレビで言うなんて、もはや総理になる前から独裁者ぶりが全開です。

だいたいからして、森友学園問題で財務省の官僚たちが公文書を偽造したり隠蔽したりして自殺者まで出したのは、この「内閣人事局の権限による異動」を恐れたからです。加計学園問題も同様ですし、安倍政権が改革の目玉とした「働き方改革法案」に正当性を持たせるために、厚労省の官僚たちが調査データを改竄したのだって「内閣人事局の権限による異動」を恐れたからです。

内閣が各省庁の人事権を持ち、官僚主導から政治主導に切り替えるという方法論は、間違ってはいません。しかし、それは、正しい政権が正しい政治を行なうという場合に限った話です。これまでの安倍政権のように、政治を私物化し、自分のお友だちやスポンサー企業に税金をバラ撒き、その数々の悪事の証拠隠滅のために「内閣人事局の権限による異動」をチラつかせて官僚たちに公文書の偽造や国会での虚偽答弁を強要するなんて、もはや暴力団と何ら変わりません。

それなのに、これほど数々の問題を生み出した「内閣人事局」を見直しすらせずに、これまで通りに権力を握り続けると宣言した菅義偉。そして、テレビを使って官僚たちに脅しを掛けた菅義偉。こんな安倍晋三以下のポンコツ総理、本当に呆れるし、心から恥ずかしいし、とてもじゃないけど日本を任せるわけには行きません。近々行なわれるであろう総選挙で、トットと下野してもらいましょう!

(『きっこのメルマガ』2020年9月16日号より一部抜粋)

image by: 菅義偉 - Home | Facebook

きっここの著者の記事一覧

「きっこのブログ」のメルマガ版です。ブログと同様に、政治や芸能から文学やお料理、流行やファッションから日々の出来事まで、多岐にわたって綴って行きますが、よりディープに攻めて行こうと思っています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 きっこのメルマガ 』

【著者】 きっこ 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎月 第1水曜日・第2水曜日・第3水曜日・第4水曜日予定

print
いま読まれてます

  • 総理の資質ゼロ。菅義偉氏がTVで言い放った官僚脅しの独裁者発言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け