あと何秒?安倍前首相「逮捕秒読み」で特捜部の本気度に注目集まる

2020.11.24
1039
by tututu
10264027_526120067511441_6792656110794490934_o
 

安倍晋三前首相が主催した「桜を見る会」前日に安倍氏の後援会が開いた前夜祭を巡り、東京地検特捜部が安倍氏の公設第1秘書らから任意で事情を聴いたことがわかったと毎日新聞などが報じている。東京地検特捜部は安倍氏側が計800万円超を補填していた可能性があるとみて捜査し、安倍前首相のへ事情聴取も検討している模様だという。

安倍元首相の公設第1秘書が任意で事情聴取

前夜祭は安倍氏が首相だった2013~19年に東京都内のホテルで開かれ、支援者らが1人5千円の会費を支払って参加し、2019年は800人規模で開かれた。

この問題を巡っては、差額分を安倍氏側が補填していたのではないかと野党が追及するも、「後援会としての収入、支出は一切なく、事務所側が補填したという事実も全くない」と安倍氏は説明していた。

今回の報道を受け、安倍氏の事務所は「刑事告発されたことを受けて説明を求められたので捜査に協力し、真摯に対応している」とのコメントを出したという。

「#安倍晋三の逮捕を求めます」の声

安倍氏が首相の座を辞してから2か月、「桜を見る会」に関してようやく動きがあった。東京地検特捜部は安倍氏への事情聴取も検討しているというが、捜査の手はどこまで伸びるのか。

安倍氏側が費用の一部を負担していたことを示す領収書や明細書を会場となったホテル側が作成していたことも、今回明らかになった。「私は知りません」「秘書が勝手にやったことです」では済まされそうにない。

【関連】元国税が暴く竹中平蔵氏の住民税脱税疑惑「ほぼクロ」の決定的証拠

ネット上では既に「#安倍晋三の逮捕を求めます」というハッシュタグが作られ、多くのユーザーたちが自らの意見を投稿。「正義ある捜査をお願いします」「検察頼むぜ」「遅すぎる」「皆で本気で怒るべき」などの声が上がっている。

立憲民主党の小沢一郎氏も23日に自身のツイッターを更新。「結局、安倍氏は国会で嘘しかついていなかった」と痛烈に批判。捜査機関の忖度で見逃されるのは異常で、総理大臣なら何をやっても許されるのはおかしいとツイートした。

共産党の田村智子氏も国会で虚偽答弁をした安倍氏の責任を追及。嘘をついたのは安倍氏本人であり、「事務所職員、秘書で終わらせるわけにはいかない」と安倍氏に対する厳しい捜査を求めている。

一方、これらの動きに異を唱えているのが細野豪志議員。操作は粛々と行われるべきだとし、安倍氏逮捕を望む声に否定的な考えを示した上で、暗に韓国と同じことをすべきではないと述べている。

しかし、細野氏のツイートに対して、ネット上では「細野さん何を言ってるの?」「安倍さんの味方なんですか」など多くの批判的な声が上がっている。

安倍氏が首相を退任してからの捜査となり、多くの批判を受ける中、東京地検特捜部はどこまで本気で捜査を進めていくのか。政治の信頼が揺るがした象徴的な事件となった「桜を見る会」。安倍氏は検察の調査や聞き取りに対して、真摯で誠実に対応するべきだろう。

立憲民主党の安住淳国対委員長は24日、安倍氏を参考人として国会に招致すべきとの考えを示し、場合によっては証人喚問もやむを得ない状況だと指摘した。

【関連】安倍さん劇的回復で改憲エレクチオンも?「3度目の首相の座」虎視眈々

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:安倍晋三公式Facebook

print
いま読まれてます

  • あと何秒?安倍前首相「逮捕秒読み」で特捜部の本気度に注目集まる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け