香港「民主の女神」周庭さんら収監。中国への身柄引き渡しはあるのか?

2020.11.24
114
by gyouza(まぐまぐ編集部)
 

11日前には公式YouTubeで、ドンキのテーマソングを投稿

周さんは収監される11日前の12日、自身のYouTube「周庭チャンネル」で、日本人向けに「ドン・キホーテのテーマソングを歌ってみた by ジャイアンアグネス」というタイトルの動画を配信していた。自身の「音痴」ぶりを、日本の漫画『ドラえもん』に登場するジャイアンになぞらえ、「ジャイアンアグネス」と名乗るなど、ここでも親日家ぶりを発揮したばかり。

 

なお、香港ではすでに日本のドン・キホーテが海外ブランド名の「ドンドンドンキ(DON DON DONKI)」として5店舗も進出している。周さんにとっても、ドンキは香港に在住しながら触れられる、身近な「日本」だったのかもしれない。

【関連】ドンキ台湾1号店にバイトの応募が殺到「異常な日本好き」の理由とは?

12月3日は周さんの24歳の誕生日

香港の裁判所で、収監された3人の判決が出るのは12月2日。奇しくも周さんの24歳の誕生日12月3日の前日だ。先に引用した、周さんの公式ツイッターでも、管理者が投稿したツイートで以下のように綴っている。

「皆様と周庭の誕生日を過ごしたいと願っています。12月2日の判決が無事であるように、もし遅れても後でプレゼントを開けられるように」

私たち日本人も、彼女の24歳の誕生日を笑顔で祝ってあげたいものだ。運命の判決は、香港の西九龍裁判所にて12月2日(水)に下される。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

【関連】日本から「チー牛」認定された香港民主化リーダー、器のデカさを見せつける
【関連】香港「民主の女神」周庭さんが怒りの電撃結婚?! 日本のメロンパンに苦言

image by: 周庭さんTwitter

print
いま読まれてます

  • 香港「民主の女神」周庭さんら収監。中国への身柄引き渡しはあるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け