ソフトバンクが「20G2980円」プラン発表。追い詰められたauの一発逆転は?

2020.12.22
16
by tututu
shutterstock_1363376942
 

ソフトバンクは2021年3月からデータ容量20GBで月額2980円(税抜)の新料金プランを提供すると、22日午前に発表した。NTTドコモが先日発表した「ahamo(アハモ)」に対抗する狙いがあるとみられ、携帯電話大手3社の中で残されたauがどう出るのかに注目が集まっている。

ソフトバンクがドコモに対抗「20G2980円」プラン

新しい料金プランはオンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」で運用される。これは2021年3月に予定しているLINEとZホールディングスの経営統合を機に実現するブランドで、ソフトバンクがLINEプラットフォームを活用した新たな通信サービスを提供していく。

この新料金プラン「LINEがギガノーカウント」は4Gと次世代通信規格「5G」の両方に対応し、1回当たり5分以内の国内通話が無料。さらにLINEの通信は“ノーカウント”になる。

「SoftBank on LINE」の気になる通信品質は、ソフトバンクのメインブランドと共通で、「LINEモバイル」のように昼間の通信速度が遅くなるということはなさそうだ。一方、ドコモの「ahamo」のような、海外におけるデータ通信の無料サービスはついていない。

【関連】次はドコモがギガホで炎上? auを笑えぬ注釈だらけの料金プランどう改定

また、ソフトバンク本体の値下げも発表。

月6580円でデータ通信が無制限となる「メリハリ無制限」を2021年3月からスタートする。これは従来のプランから4Gで900円、5Gで1900円値下げしたもので、ドコモの「ギガホプレミア」に対抗したとみられている。

残されたauに起死回生はあるのか

ドコモが落とした爆弾はソフトバンクにも影響を与えることになった。

今回発表された新料金プランは明らかにドコモを意識したものとみられ、10月に公表していたサブブランド「ワイモバイル」の20GB月額4480円というプランも見直すとしている。

「ahamo」の登場で一気に加速した携帯電話料金の値下げ合戦。「20G2980円」が当たり前の時代となっていきそうだ。

これで追い詰められてしまったのが、一歩も二歩も出遅れた感じとなってしまったau。

今月9日に行った新サービス発表会では、Amazonなどとの提携プラン発表したものの、期待された格安プランに対する言及は一切なかった。ツイッターでは「au解約」がトレンド入りするなど大炎上。

これに慌てたKDDIの高橋誠社長が携帯電話の新しい料金プランについて、「1月には正式に発表したい」と述べている。期待を裏切ってきたauだけに、2社に対抗するかそれ以上のプランでなければユーザーは納得しないに違いない。

【関連】ドコモ新料金「ahamo」の4大デメリットとは?契約前に格安の罠をチェック

料金プランをめぐってさまざまな発表をするドコモやauを尻目に、ひたすら無言を貫いてきたソフトバンク。ここへ来て一気に巻き返しを図ってきた。

携帯電話大手3社による仁義なき値下げ合戦。1月に予定されているauの発表に注目が集まっている。

print
いま読まれてます

  • ソフトバンクが「20G2980円」プラン発表。追い詰められたauの一発逆転は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け