川渕氏も辞任秒読みか?森氏が最後の「悪あがき」 ガバナンス無視の“密室”後任使命に世界も失笑

2021.02.12
59
by tututu
森&川渕
 

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が女性蔑視ともとれる発言の責任を取る形で辞任の意向を固め、複数の政府与党幹部に伝えた。12日午後3時から行われる組織委員会の臨時会議で辞任を表明する見通しだ。後任には元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)の就任が決定的とみられるが、密室で決められた80代から80代へのバトンタッチに疑問の声が上がっている。

森会長辞任で後任に川淵三郎氏を指名

川淵氏は11日午後、都内で森氏と約1時間話し合いを行った。その後、報道陣の取材に応じた川淵氏は、「自分は辞めて新しい人に代わってもらって、国民的行事を何とか成功させたい」と後任を託されたことを明かした。時事通信などが報じた。

正式決定前のため言葉を選びながらも、「前向きにならざるを得ない。もし選ばれれば僕の人生の最後の大役ということで、ベストを尽くしたい」と受諾する意向を示した。

Jリーグ創設やBリーグ発足に尽力し、その功績が広く認められている川淵氏。森氏とは同じ早大出身で距離も近いことから、後任指名となった形だ。

【関連】森会長という「木」を見て「森」を見ぬ、女性蔑視社会ニッポン

涙を流したという森氏に自身も“もらい泣き”したという川淵氏。83歳から84歳へのバトンタッチは、密室ですべてが取り決められた。

しかも、この中で川淵氏は森氏に相談役への就任を要請し、森氏も「一緒に成功させるために努力したい」と受諾の意向を示したという。

結局は森氏が辞任しても、“院政”として影響を残す可能性があり、大きな波紋を広げそうだ。

森氏に引導を渡した小池都知事の“ボイコット”宣言

森氏が3日に女性蔑視ともとれる発言をして以降、噴出した辞任論。国内外で批判が高まる中、決定的となったのは、東京都の小池百合子知事の動向だ。

小池氏は17日に予定されていたIOCのバッハ会長を含めた4者会談について、「今ここで4者会談をしてもあまりポジティブな発信にはならないのではないか」と発言。異例のボイコット宣言をし、くすぶっていた森続投の声を打ち消した。

いわば開催都市のトップとして、小池氏が引導を渡す形となり、森氏擁護で動いてきた関係者たちの思いを消沈させた。

【関連】消えた4820万円。菅首相「総裁選に官房機密費を流用」説は真実か

森会長の辞任を世界は歓迎

森氏が東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長を辞任する意向を固めたことについて、海外メディアも相次いで報じている。

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は11日、日本メディアの報道を受けて、「(森氏が)女性蔑視発言で世間の反発を招き、辞任する方針を固めた」と報じた。

森氏が辞任を否定したことでさらに反感を買ったと説明したうえで、与党の大物政治家らが森氏の発言を軽視する態度を取ったことも、さらに世間を怒らせたとした。

英BBC放送もニュースサイト上でこの問題に触れ、森氏を日本国内では失言癖で知られる人物だと指摘。今回の女性蔑視発言を巡っては、トヨタ自動車の豊田章男社長が「遺憾だ」とのコメントを出したことを紹介し、世論だけでなく五輪のスポンサー企業も不快感を示したと報じた。

【関連】京大・藤井聡教授が完全論破。コロナ「自粛厨」が掲げる3つの大ウソ

なぜ森会長が次の会長を指名できるのか?

日本のみならず世界中で大きな騒動となった森氏の女性蔑視発言。川淵氏へバトンタッチすることで、事態の収拾を図ることはできるのか。

東京五輪・パラリンピック開催まであと6か月。国民からは厳しい声が聞こえてくる。

  • 何で相談役で森が残るの?川渕さんもまったくわかっていないね
  • 今回は川渕さんじゃないでしょ。どう考えても女性をトップに立てるべき
  • 森から川渕に代わっても、結局は「最後のご奉公」。何も変わらない
  • 川渕さんを使命することが森さんの最後の抵抗だったんだろうな
  • そもそも何で森さんが次の会長を指名できるのかが疑問

【関連】創価学会員が憂う、公明党議員の自民化。まさかの野党と「連立」模索も

東京五輪・パラリンピック開催を前に、世界に晒してしまった日本の醜態。日本が抱える男女平等の問題の闇は深い。

image by:左 首相官邸 / 右 麻雀ウォッチ CC BY 3.0

print
いま読まれてます

  • 川渕氏も辞任秒読みか?森氏が最後の「悪あがき」 ガバナンス無視の“密室”後任使命に世界も失笑
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け