永田町に出回る自民「怪文書」で判明した、菅・二階の絶体絶命

 

いざ総裁選となった場合、注目されるのは世間受けのいい河野太郎行革担当大臣の動向だ。菅首相に重用されていることもあり、総裁選出馬の意思を記者に聞かれても「今の仕事を淡々とやっている」と素っ気ないが、つねにチャンスを狙っているのは確かである。所属派閥のトップである麻生太郎氏のグリップがゆるめば、出馬の可能性はなきにしもあらずだ。

いずれにせよ、安倍、麻生両氏が誰を支援するかがカギとなる。安倍氏の再再登板説まで出ているが、いくらなんでもそれはないだろう。

ただ、そんな話が飛び出すほど、菅首相の政治基盤は脆弱だ。頼りにする二階幹事長も、選挙買収を認めた河井克行元法務大臣について「他山の石」と語るなど、老害と剛腕が紙一重の風情で、とてもこれまで通り党内をまとめられるとは思えない。

新型コロナ感染は、一足早く緊急事態宣言を解除した関西を中心に再拡大し始めている。やがて、首都圏もこれに続くだろう。従来型と入れ替わりつつある厄介な変異ウイルスが相手となるのは間違いなく、国民からみれば、解散総選挙どころではない。くれぐれも、政治的思惑が優先されることのないよう願いたい。

image by: 首相官邸

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 毎週 木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 永田町に出回る自民「怪文書」で判明した、菅・二階の絶体絶命
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け