本当は“ハメ撮り”が目的だった?立川デリヘル嬢殺害事件、19歳少年の異常性と狂気の沙汰

2021.06.03
18
by tututu
shutterstock_579245569
 

東京都立川市曙町のホテルで男女2人が刺されて死傷した事件で、警視庁は2日、あきる野市の職業不詳の少年(19)を殺人未遂容疑で逮捕した。容疑を認めている。少年は「無理心中を撮影しようと思ったが、女性に断られけんかになった」と供述しているが、それは単なる言い逃れで、実際は性行為の様子を撮影しよとしたのではとの観測が出ている。

19歳の少年がホテルでデリヘル嬢を視察

死亡したのは相模原市在住の風俗店員の女性(31)で、全身を約70か所もめった刺しにされていた。致命傷となった胸の刺し傷は深さ18センチで心臓を貫通していたという。時事通信などが報じた。

事件直前、客室にいた女性から「盗撮です。早く来てください」と店に電話があり、派遣型風俗店の店員男性(25)がホテルへ駆けつけたところ、客室から出てきた少年に廊下で刺され、男性は意識不明の重体となっている。

その後、少年はJR立川駅から拝島駅まで電車で逃走。原付バイクで走り去っていたことが判明し、捜査網が緊急配備されていた。

2日午前11時半ごろ、あきる野市内でスクーターに乗っている少年を捜査員が発見して追跡。声を掛けたところ、「ツーリングをしています」と答え、任意同行に応じたという。

ハンドルを握る手はトイレットペーパーやばんそうこうだらけで、犯行の際に凶器でケガしたとみられる手のひらの傷を応急処置していた。

少年は取り調べに対し、「インターネットで人を殺す動画を見て刺激を受け、無理心中をしようと思い、その場面を撮影しようとしてけんかになった」と供述している。

【関連】三原じゅん子、尾身会長“ガんつけ”でバレた衝撃の前科。過去には暴力事件で逮捕歴、ヤンキー丸出しの眼光に議場騒然

本当の殺害理由は“ハメ撮り”を断られたから?

少年は無職で、あきる野市内で親と同居していたが、最近は自室にこもってゲームなどに没頭するような生活をしていた。犯行後の1日夜は帰宅しなかったという。

面識のない女性に対して、全身を約70か所もめった刺しにして殺害するという常軌を逸した犯行。

少年は容疑を認めているが、供述した動機はあまりにもおかしい。「無理心中しようとした」と言いながら、自らをまったく傷つけておらず、女性を執拗に刺している。

こうしたことから、ネット上では「盗撮がバレて女性を殺した」「本当はハメ撮りしようとして女性に断られた」「殺人を強引に無理心中という動機にすり替えた」などの声があがっている。

少年の母親は報道陣の取材に応じ、事件当日は仕事へ行くといって出掛けたが、夜になっても帰宅しないため、心配して電話やLINEをしたがつながらなかったという。テレビ朝日が報じた。

少年は暴力的な性格ではないとしたうえで、「亡くなった女性には申し訳なくて、なんとお詫びをしたらいいのかわからない」と話した。

【関連】選手村はナンパ天国「75%が性行為」。東京五輪16万個配布のコンドームは“持ち帰り用”、苦しい言い訳に世界が失笑

19歳の少年が起こした残忍な事件。自ら派遣型風俗店に連絡し、ホテルへ女性を呼べてしまう人間でも、まだ少年法で守られてしまうのか。動機を含めた事件の詳細は今後の取り調べで明らかになるが、早い解明が望まれる。

print
いま読まれてます

  • 本当は“ハメ撮り”が目的だった?立川デリヘル嬢殺害事件、19歳少年の異常性と狂気の沙汰
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け