文在寅を犯罪者にしろ。韓国人が叫ぶ「検察捜査権の完全剥奪」の意味とは

2022.04.14
1269
shutterstock_1118484233
 

韓国では現在「検捜完剥」という単語がよく使われているそうです。これはどのような意味なのでしょうか?今回の無料メルマガ『キムチパワー』では、 その言葉の意味を解説し、同時に尹新政権が今後行おうとしている政策や新たに就任した法務部長官についても詳しく紹介しています。

いま韓国で熱い「検察捜査権の完全剥奪」

今韓国では、「検捜完剥」(コムスワンバク)という単語がホットポテトだ。「検察捜査権の完全剥奪」という意味で、検察の権力が強すぎるから「捜査権」は警察に任せて検察は「起訴権」だけにしろという法案だ。

この法案の根本目的は、尹政権になってからまさに進められようとしている文在寅の犯罪(蔚山市長選挙介入や原発を停止する目的で原発資料を改竄指示など。その他いくつもの「犯罪」がある)および、李在明の大庄洞(デジャンドン)不正事件などの捜査を検察から取り上げようという主旨だ。

300議席のうち過半数をこえる172議席を持つ民主党が4月中にも国会で通過させるだろうことがきのう民主党の党内会議で決まった。党論(党内の全体一致した意見)として可決されたというのだ。

これには左派系列の弁護士団体や市民団体などまで「反対」の声をあげている。検察から捜査権を奪ったら検察の存在理由がなくなるということだ。

去年3月、尹錫悦が「もはやこれまで」として検察総長を辞任し、かわりに文が任命した金オスという人がいる。

尹錫悦の後釜として総長の座についたものの、文在寅の顔色だけを窺って決定的な捜査などしたことのなかった人間が、ここへきて「検捜完剥」に反対するとして文在寅に面会を求めたようだ。

明日にでも面会が実現するのか数日かかるのかはわからないけれど、面会が成り立った時には文に「検捜完剥」法案には大統領の拒否権を使って退けてくれと言うのだそうだ。

国会で法案が通った暁には、これを阻止することができるのは大統領の拒否権だけなのだ。

しかし、文が自分を刑務所の悪夢から解放してくれるかもしれないこの法案を拒否するはずもない。民主党が国会にこの法案を上程した段階で、法案の可決はほぼ100%といっていいだろう。

もしそうなれば、あとは尹政権になってから何らかの方法でもう一度検察に捜査権を与える方途を模索して行くことになるのだろう。

 

print
いま読まれてます

  • 文在寅を犯罪者にしろ。韓国人が叫ぶ「検察捜査権の完全剥奪」の意味とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け