働きすぎだろ!と心配の声も。俳優・松下洸平ハードスケジュールの裏で噂される「事務所との約束」

Kohei_Matsushita_IMG_1143-3_20200203
 

今やドラマに映画にCMにと引っ張りだこの俳優、松下洸平。ハードスケジュールをこなす松下の裏には、事務所との「約束」があるのでは?と語るのは、芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さん。はたして芸能記者たちが噂する、松下と事務所の「約束」とは何なのでしょうか?

超多忙の松下洸平は「第2の菅田将暉パターン」になるのか

結構いい歳なんだな…とプロフィールを見て正直思いました。

今、30歳代半ばの役者で間違いなく大人気なのは松下洸平(36)でしょう。

“売れている時に大きく売る!”はショー・ビジネスの鉄則ですが、ここまで露骨な露出も珍しいです。

今年の仕事ぶりを振り返ってみても、天海祐希と十分に演じ合った4月期の『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』に始まり、7月期は『最高の教師 1年後、私は生徒に▮された』では松岡茉優の夫を、そして現在オンエア中の『いちばんすきな花』が終われば、来年から大河ドラマ『光る君へ』の出演が控えています。

大河に出演中の来年は、何月期かはわかりませんが民放の連続ドラマのオファーもあるようですから正に休みなし! 開いた口が塞がりませんよね。

連ドラにクールまたぎで休み無しというのも凄いことですが、松下はこれに加え舞台、配信ドラマ、映画…そしてエンターテインメント界で初めて芽生えた歌手という活動も続けています。

私の印象に強く残っているのは昨年夏の『FNS歌謡祭』でしたか、徳永英明と『壊れかけのRadio』をコラボした何分間かのシーン…あの完璧にハモり切った充実感と達成感、疲労感に照れ笑いを浮かべた松下の表情は今でも記憶に焼き付いています。

また、全ての活動において準備期間が必要なわけで、現場のマネージャーたちの間でも「一体どうなっているのか…」とその多忙ぶりに心配の声も上がっているほどです。

台詞はいつ覚えるのか、役作りや所作の準備、発声練習など1日24時間では足りないほどのスケジュールに、現場では松下の台詞や出演シーンに多少手心を加えたりする様々な工夫が検討されてもいるようです。

それでも出演をお願いしたい…とされている松下の存在は、今欠かせない役者なのでしょう。

ただ松下も人間です…当り前ですが…。

この尋常じゃない働きぶりに、芸能記者たちの間からは様々な噂が伝え漏れてきています。

print
いま読まれてます

  • 働きすぎだろ!と心配の声も。俳優・松下洸平ハードスケジュールの裏で噂される「事務所との約束」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け