なぜ、精神科医ゆうきゆう先生は連載中のマンガを2ページずつ描くのか?

An,Artist,Draws,A,Storyboard,Of,An,Anime,Comics,Book.
 

メルマガ『セクシー心理学! ★ 相手の心を7秒でつかむ心理術』の著者で現役精神科医のゆうきゆう先生は、「マンガで分かる心療内科」というマンガを自身のクリニックHP上で連載中。ゆうき先生は原作、作画は別の方が担当しているそうですが、普段どのようにしてマンガを作っているのか、気になりますよね。そんな疑問に答えてくださいました。

超能率的! 自分のマンガの作り方! 先延ばしの仕事を終える方法

こんにちは、ゆうきゆうです。

元気でお過ごしでしょうか?

さて、少し前にこんな相談がありました。

「ゆうきさんはどのようにしてマンガを作っているんでしょうか?」

「マンガの作り方を教えて下さい。」

マンガを作る方法論は、本当にいっぱいあります。

その中にとてもシンプルなものがありまして、今回はそれをご紹介します。

マンガを描くのは大変!

マンガというと、よくあるのは1回のお話で16ページ、20ページ、もしくは長編ですと40ページ、50ページ、60ページという形です。

しかしながら、そんなにたくさんのページ数を作れと言われると手間が掛かって大変です。

気が遠くなって辞めてしまうとか、いつか俺は描くんだと言って中々描かない方が多いのはそのためではないでしょうか。

余談ですが、昔あったマンガで「描かないマンガ家」というのがありました。

マンガ家になりたいけれども、いつまでたってもマンガを描かないで理想論ばっかり語っている少年の話です。

それはそれで面白かったのですが、いずれにしてもマンガを描くというのはすごく大変なことなので、描ききれないとか作りきれないというものはあるのではないかと考えます。

自分自身は原作中心で、作画は他の方に書いていただいています。

原作だと文字メインですが、それでもやっぱり大変です。

ちなみに、現在連載中の「マンガで分かる心療内科」というマンガは、基本的に1回のお話で14ページです。

この14ページのネタを作るのは何時間、何日と時間が掛かっているのですが、ある時からコツを掴むというか、1つのきっかけがありました。

そこからは、もちろんハードではあるんですけれども、より時間をかけず濃密に描くことができ少しだけ楽になりました。

print
いま読まれてます

  • なぜ、精神科医ゆうきゆう先生は連載中のマンガを2ページずつ描くのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け