威嚇か、それとも故障か?水深の浅い台湾海峡で中国海軍が潜水艦を浮上させた「意図」

kb20240620
 

先日掲載の記事では中国が元軍人をモーターボートで台湾に送り込むという「嫌がらせ疑惑」をお伝えしましたが、その事案から9日後の6月18日にまたも中国は、台湾海峡に潜水艦を浮上させるという「威嚇」に出たようです。今回、台湾出身の評論家・黄文雄さんが主宰するメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では、この出来事を伝えるニュースと自己防衛力の強化を掲げた台湾サイドの反応を紹介。その上で、複雑さを増す東アジアにおいて自衛力を上げる必要があるのは台湾だけなのかという問題提起を行っています。

【関連】止まらぬ中国の嫌がらせ。軍事威嚇では飽き足らず元軍人をモーターボートに乗せ台湾に送り込む習近平政権の姑息

※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:【台湾】中国の嫌がらせに自己防衛力強化を訴える新総統

「台湾の安全強化は世界の安定につながる」止まらない中国の嫌がらせに屈せぬ新総統

台湾の離島沖に中国の潜水艦 国防部「把握している」

中国からの嫌がらせが止まりません。今度は潜水艦での威嚇です。まずはどのようなことがあったのか、以下、報道を引用します。

台湾の一部メディアは18日、台湾海峡の離島、澎湖の漁業従事者が同日早朝、同海峡の暗黙のライン「中間線」付近で操業中、中国の潜水艦が海面に浮上したのを目撃したと報じた。顧立雄(こりつゆう)国防部長(国防相)は同日、事実だと認めた上で、国防部(国防省)は関連の監視・偵察手段を利用して状況を把握していると語った。

報道によると、潜水艦は中国軍艦1隻が支援に来た後、中国方面に航行していったという。交流サイトに投稿された写真には、096型原子力潜水艦とみられる潜水艦が写っていた。

立法院(国会)出席前に報道陣の取材に応じた顧部長は、中国は台湾に対して絶えず軍事的な嫌がらせや敵が武力攻撃と判断しにくい手法で圧力を加える「グレーゾーン作戦」、認知戦を仕掛けてくるとし、警戒意識を十分に持つべきだとの認識を示した。

また中国が台湾に対してたくらむ一方的な現状変更のやり方を常に理解する必要があるとし「怖がらず、慣れてしまってもいけない」と強調。政府は冷静かつ理性的に適切な態度で台湾海峡情勢に対処するとし、中国に対してトラブルメーカーにならないよう呼びかけた。

台湾の離島沖に中国の潜水艦 国防部「把握している」

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

print
いま読まれてます

  • 威嚇か、それとも故障か?水深の浅い台湾海峡で中国海軍が潜水艦を浮上させた「意図」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け