浮いてますよ。日本人が制作した謎の「空中盆栽」に世界が二度見

2016.01.28
587
by erihiro(まぐまぐ編集部)
NEW
 

今では海外でも人気の盆栽。すでに”Bonsai”の名で世界的にも知れ渡っていますが、最近ちょっと変わった盆栽が登場しました。なんと空中に浮かぶ盆栽なのです。コレには日本人もびっくり。

2センチ上を浮遊する「空中盆栽」

その名も「空中盆栽」。

英語では「エア・ボンサイ」(Air Bonsai)と呼ぶそうです。磁気によって空中へ2センチほど浮かび360度をくるくると回ります

伝統的な盆栽のイメージを覆す新たなイノベーションです。

このエア・ボンサイは日本のチーム「Hoshinchu Air Bonsai Garden」が制作。

米クラウドファンディングサイトの「Kickstarter」でプロジェクトへの寄付を募集したところ、目標の8万ドルに対して、なんとすでに37万ドル以上の資金が集まっています。

コンセプトは「浮遊する星」で、「その小さな星に願いを!」というメッセージ性を発信しています。

「空中盆栽」は伊万里焼きの”エナジーベース”と、水やりが必要な”リトルスター”と呼ばれる植物の組み合わせですが、気になるのはお値段。

ベーシックなセットは$200(約2万3700円)で、高いものだと$1,000(約11万8千円)と少々お高め。

 スクリーンショット 2016-01-27 13.14.28

海外のユーザーも反応

これには海外のユーザーも興味津々の様子。賛否両論のコメントがみられます。

「クール!」
「これは将来の日本の家を表現している。地震も防げるし」
「360度回転する植物、すごい」
「どこで買えるの? 私は絶対買う」
「植物にとってはストレスじゃないの?なんてバッドアイデアなんだ…」
「ちょっと怖いな」

(コメント引用元: Youtube , Fox News

こちらのサイトから寄付すると「空中盆栽」がもらえる仕組みになっています。

製品が届くのは今年の8月頃なのでまだまだ先ですが、楽しみですね。

あまり関係ないのですが、日本は「エア・・」なるものがよく話題になりますね。

世界エア・ギター選手権で優勝しているお笑い芸人もいましたし、「空気が読めない」を意味する略語が流行りました。

メイド・イン・ジャパンの「エア・ボンサイ」も世界各国で流行ること間違いなし(!?)でしょうか。

image by: Kickstarter

source: Kickstarter

文/MAG2 NEWS編集部

印刷する

人気のオススメ記事

  • 浮いてますよ。日本人が制作した謎の「空中盆栽」に世界が二度見
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい