なぜあなたの「ダメ出し」を、部下は素直に受け入れないのか

shutterstock_235423630
 

ビジネスの場において、部下に「ダメ出し」をせざるを得ない状況、ありますよね。けれどもその伝え方を間違えると、相手を精神的に追い詰めてしまったり、素直に聞いてもらえなかったりすることもあります。無料メルマガ『目指せ! 販売の達人 ~販売力向上講座~』の著者・坂本りゅういちさんによると、ダメ出しをする前にまずすべきことがあるとのこと。するとしないとでは大違いと言いますから、なんとしても身につけておきたいスキルですよ。

「ダメ出し」をするときは○○してから

こんにちは! 坂本りゅういちです。

この数日間九州へ行っていまして、ロールプレイングコンテストの審査員や研修をしてきました。その中で改めてと言うか、こうしていかないと相手には届かないと感じることがあったのでお伝えしたいと思います。「ダメ出し」のことです。

接客ロールプレイングをやったことのある方ならわかると思いますが、ロープレ嫌いな人はたくさんいます。その理由は、「実際のお客様じゃない」といった理由もあったりしますが、特に多いのが「ダメ出しをされるから」というものです。お店などで接客ロールプレイングをやると、アレもダメ、コレもダメとダメ出しばかりされてしまうと感じて怖くなってしまうのですね。

たしかにロールプレイングは、改善をするためにやることが多いです。今の状態を確かめてから、より良い方向を見つけていくためにやります。なので「ダメ出し」したくなる気持ちはよくわかるのです。ですが、基本的に伝え方として「ダメ出しとしての伝え方はNGです。

改善してほしいことがあるのであれば、「これがダメ」という伝え方ではなく「こうすればもっと良くなる」という伝え方をしてください。言い方・伝え方の違いだけで、受け取る側のとらえ方はまったく変わります。

と、まぁここまではブログでも書きました。

とは言え、どうしてもその人に成長をしてもらうためには「ダメ出し」をしないといけないときがあります。今回の私の研修などで言えば、本気でロールプレイング大会で賞を狙いにいくといったときなどがそうです。こういう場合には私も「ダメ出し」します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜあなたの「ダメ出し」を、部下は素直に受け入れないのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい