なぜ、あなたの部下は「わからないこと」を聞いてこないのか?

shutterstock_388567855
 

部下に「わからないことがあったらなんでも聞いて」と伝えたけれど、質問してくる気配すらない……そんな経験、ないでしょうか。無料メルマガ『目指せ! 販売の達人 ~販売力向上講座~』の著者・坂本りゅういちさんによると、その部下はやる気がないのではなく、「わからないことがわからない」という状態なのかもしれないそうです。そんな状態を打開するための方法とは?

わからないことがわからない

「わからないことがあったら何でも聞いてね!」

こういうことを言ってくれる人ってたまにいますよね。もしかするとあなたもそう言っている人かもしれません。

ただ、そう言ってくれる人はありがたい存在なのですが、いざ聞こうと思っても何を聞いていいかわからないという人は多いと思います。自分ではわからない、どうしようもないことだらけなのに、何を聞けばいいのかわからない。

それは言ってしまえば「わからないことがわからない」状態なのです。この状態では、せっかく答えを持っている人が目の前にいても答えを引き出すことができません。すごくもったいないですよね。

だから普段から、わからないことを整理しておくことは大切です。最初からわからないことを整理しておくことができれば、教えてくれる人が現れたときにすぐに聞くことができます。

私なりにですが、わからないことを整理するためのポイントは3つあります。

  1. 今の自分の状態(現状)
  2. どうなりたいか(未来)
  3. 誰かに言われたこと(他人の視点)

この3つのポイントです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ、あなたの部下は「わからないこと」を聞いてこないのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい