ドイツが中国に急接近。隠しきれなくなってきたEUの焦燥感

shutterstock_212490901
 

イギリスの離脱を期に、ますます不安定な様相を呈しているEU。先日掲載の記事「トランプが「口撃」開始。現実味を増してきたEU崩壊のシナリオ」で、実際にEUのトゥスク大統領がトランプ政権を警戒していることはお伝えした通りですが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、今度はドイツがEUを守るべく、中国に接近し始めたと伝えています。ドイツと中国、一体どんな「利害関係」があるのでしょうか?

なぜドイツは、中国に接近するのか?

トランプ大統領誕生後、世界情勢は、かなり流動的になっています。トランプ外交の基軸は、「ロシアと和解して中国に勝つ」です。

しかし、トランプさんには敵が多すぎて、なかなか思うように動けない(敵の正体については、「プーチンがっかり。トランプは本当に「反ロシア」に寝返ったのか?」を参考にしてください)。

そして、トランプさん、

「欧州の最重要パートナーは、EU離脱を決めたイギリス」
「アジアの最重要パートナーは、日本」

と決めています。こういう構図の中で、困ってしまうのがドイツを中心とするEU。トランプさんは、中国を批判していますが、EUにも相当厳しい。

トランプのEU不信、EUのトランプ不信

産経新聞2月16日付を見てみましょう。

「彼の信念は就任演説で明確になった」。ドイツのメルケル首相は1月20日、こう述べた。同日のトランプ氏の就任演説には国益最優先の姿勢が色濃く反映された。独紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)は「挑発」だが、従来の発言を踏まえれば、「驚きではない」と伝えた。

トランプさんの信念は「アメリカ第1主義」です。

むしろ欧州で衝撃が広がったのは先立つ16日に独英メディアが報じたインタビューだ。独紙ビルトによると、トランプ氏は北大西洋条約機構(NATO)への疑問を改めて示しただけでなく、英国の欧州連合(EU)離脱を支持し、「さらに加盟国が離脱するだろう」と述べた。
(同上)

NATOに関しては、マティスさんがドイツを訪問し、加盟国を安心させました。しかしEUについて、トランプさんはイギリスのメイ首相と会ったとき、「EU離脱ですばらしいことになる!」と絶賛した。そして、「これから離脱する国が増える」と言い、事実上「EU崩壊を歓迎している」ような発言をしました。

印刷する

人気のオススメ記事


  • ドイツが中国に急接近。隠しきれなくなってきたEUの焦燥感
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい