瀕死の韓国経済に大打撃。THAAD配備に対する中国の容赦ない仕返し

スクリーンショット 2017-03-09 18.12.18
 

在韓米軍のTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備問題で、韓国が中国の怒りを買ってしまったようです。中国国内ではTHAAD配備の用地を提供したロッテグループに対する不買運動や韓国団体旅行の取りやめなど、すでに韓国に対する露骨な嫌がらせが行われており、経済的な大打撃となる見通しです。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で評論家の黄文雄さんは「これは政治問題をビジネスに絡める中国特有のやり方だ」と言及しています。

【韓国】中国に殺されることが確定した韓国

在韓米軍のTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備問題で、韓国に対してさまざまな嫌がらせを加えている中国ですが、韓流タレントの中国のテレビ出演を中止することに加えて、今月2日には中国の国家旅遊局が中国の旅行会社に対し、韓国への団体旅行を中止するように指示を出したことが報じられました。

これにより韓国の免税店では年間の売上高が3900億円以上も減少すると見られています。

また、THAAD配備の用地をロッテが提供したことにより、中国国内ではロッテグループに対する不買運動が広がり、さらにはロッテマートの店舗に対しては消防法違反や施設法違反での営業禁止命令が次々と出されているようです。

すでに営業中止に追い込まれた中国のロッテマートは99店舗中23店舗にまで拡大していると報じられています。そして、中国の旅行サイトからはロッテホテルが削除されさそうです。その余波は韓国製の炭酸水、焼酎、モバイルゲームにも及び、不買運動や不認可措置が取られています。

この中国の韓国への嫌がらせは「限韓令」あるいは「禁韓令」と呼ばれていますが、もはや「制限」の段階から「禁止」の段階に入っていますから、後者の呼び方のほうがふさわしいでしょう。

ちなみにロッテは中国語では「楽天」なので、中国の通販サイトに出店している日本の楽天市場が間違われて、「中国から出て行けといった抗議を受けているそうです。楽天市場は「Rakuten 日本 楽天市場」などと表記して、勘違いであることを必至にアピールしているそうです。

印刷する

人気のオススメ記事


  • 瀕死の韓国経済に大打撃。THAAD配備に対する中国の容赦ない仕返し
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい