米国がイラッ。なぜ中国は、北朝鮮問題を解決する気が全然ないのか

shutterstock_600762872
 

初のアジア歴訪を終えたアメリカのティラーソン国務長官。しかし、最重要課題である「北朝鮮問題」に対する中国とのあまりの「認識の違い」に愕然としたようです。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、「中国にとって北朝鮮は、南北統一の歯止めとなる存在で、しかも中国に向けて攻撃してくる可能性もないという、非常に都合の良い存在である」との見方を示しています。

中国は、北朝鮮問題を解決する気が全然ないという現実

アメリカのティラーソン国務長官が、日本、韓国、中国を訪問しました。最重要課題は、「北朝鮮問題」です。

やる気満々だったティラーソンさんですが、北京へ行き、「中国には北朝鮮問題を解決する意欲がゼロ」であることを、思い知ることになりました。

ティラーソン「軍事行動」に言及

3月17日、ティラーソンさんはソウルにいました。そして、「忍耐の時代は終わった」とし、「軍事行動の可能性」に言及します。

米国務長官、北朝鮮対応で軍事行動も「選択肢」

CNN.co.jp 3/18(土)13:40配信

 

ソウル(CNN)東アジアを歴訪中のティラーソン米国務長官は17日、韓国の首都ソウルで尹炳世(ユンビョンセ)外相との共同記者会見を行い、挑発行為があれば北朝鮮に対する軍事行動も検討するとの方針を明らかにした。米政府が採用していた「戦略的忍耐」の政策は終わったと言明した。

ところが、実際に「軍事行動」について考えると、「簡単ではない」ことが見えてきます。まず、北朝鮮は、明らかに「を保有している。それだけでなく「化学兵器も保有している。もし、アメリカが北朝鮮を攻めれば、アメリカ本土は無傷でいられても、韓国は火の海になる可能性が高い。日本本土にもミサイルが飛んでくる可能性が高い。

金正恩は、韓国や日本に向けて発射するミサイルに、「核」を搭載しないでしょうか? 少なくとも北朝鮮は、「小型化できている」としています。

アメリカは、「北がアメリカ本土を核攻撃できる大陸間弾道ミサイルを獲得する前に、叩いてしまえ! 韓国は、仕方ない。犠牲になってもらおう」と考えるでしょうか? 実は、「考えてもおかしくない」のが、アメリカです。

しかし、もう一つ、超巨大なファクターがある。そう、中国。アメリカが北朝鮮を攻撃した際、(朝鮮戦争時のように)中国が北朝鮮側に立って戦えば???? 第2次朝鮮戦争が、米中戦争に発展する可能性が出てくる。これは、米中共に回避したいことでしょう。ティラーソンさんは、「中国の協力」を求め、北京に向かいました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 米国がイラッ。なぜ中国は、北朝鮮問題を解決する気が全然ないのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい