南シナ海で中国に事実上の敗北宣言。フィリピン大統領に何が起きたか

kitano20170327
 

無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』でもこれまで複数回にわたってお伝えしてきた「南シナ海問題」ですが、ここにきて「強者」として知られるフィリピンのドゥテルテ大統領が中国に「敗北宣言」をしました。身勝手な中国の行動を強く非難し、仲裁裁判所に提訴までした国の主がなぜ…? メルマガ著者で、世界情勢に詳しい北野幸伯さん曰く、世界のエリートが「中国を見直した」ことが大きく影響しているようです。

フィリピン・ドゥテルテ大統領、中国に「敗北宣言」

フィリピンの暴れん坊ドゥテルテ大統領が、中国に「敗北宣言」しました。

南シナ海問題、「中国を止められない」ドゥテルテ比大統領

AFP=時事 3/19(日)21:43配信

 

【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は19日、中国はあまりに強大であり、フィリピンや中国が領有権を争う南シナ海(South China Sea)のスカボロー礁(Scarborough Shoal)で中国が進めている構造物建設を止めることはできないと述べた。

どうしてこういう発言になったのでしょうか?

2012年から中国が実効支配するスカボロー礁に関しては、西沙諸島(英語名:パラセル諸島、Paracel Islands)の永興(Yongxing)島(英語名:ウッディー島、Woody Island)に中国が設立した三沙(Sansha)市の市長が、環境モニタリング基地を建設すると語ったと伝えられている。
(同上)

三沙市というのは、2012年にできた新しい「市」です。その市長が、「環境モニタリング基地を建設する」と語った。記者会見でこの発言について質問されたドゥテルテさんは、こういいました。

われわれは中国を止めることはできない。

私にどうしろというのか。中国に宣戦布告をしろとでも。それはできない。(中国と交戦すれば)わが国は明日にも全ての軍隊と警察を失い、破壊された国となるだろう。

事実上の「敗北宣言」です。このフィリピン・中国対立の最重要問題点」は何でしょうか?

仲裁裁判所は昨年7月、「中国の主張は不当。フィリピンの主張は正当」と判決を下した。中国は、この判決を無視して悪行を続けている。わけがわからない人もいると思いますので、去年何が起こったかを振り返ってみましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 南シナ海で中国に事実上の敗北宣言。フィリピン大統領に何が起きたか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい