台湾を救った奇跡のダム。台湾人が尊敬する「もう一人の日本人」

jog20170530
 

人気記事となった「台湾で最も尊敬される日本人。命がけで東洋一のダムを作った男がいた」をはじめ、これまで複数回に渡り台湾の歴史に名を残した日本人の功績を伝えている無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』。今回は、上記記事の主人公・八田與一(はった よいち)に指針を与えたという「台湾で尊敬されるもう一人の日本人」、鳥居信平(のぶへい)の生涯を紹介しています。

鳥居信平~南台湾を今も支える地下ダムの建設者

地下水路から、ひんやりとした風とごうごうという流れの音が吹き上がってきた。台湾国立屏東科技大学の丁澈士(ていてつし)教授が懐中電灯で地下水路を照らすと、銀色の光の先に浮かんだのは、透明な水しぶきをあげて流れる、凄まじい水量の清流だった。教授はこう説明した。

地下を流れている水だから、干ばつや豪雨の影響を受けないのです。一日あたり、雨期なら12万立方メートル、乾期でも約3万立方メートルの供給量を保ってます。

327.6メートルの地下のダムが川底を流れる伏流水を堰(せ)き止め、それを地下の貯水池として貯める。

川の底に侵み込んだ地下水は途中の土砂を通る過程で濾過されるので、大量の澄んだ水がここに集まってくる。どんなに豪雨が降ろうとも水は濁らない。また普通のダムと違って、もともと地下に埋められているから、底部に土砂が溜まることもなく、メンテナンスにも手間がかからない。動力もいらず、環境破壊もない。

この地下ダム・二峰シュウ(土へんに川)は大正12(1923)年に完成し、1世紀近く後の現在も、20万人の人々に飲用水、灌漑用水を提供し続けている。屏東県の県長・曹さんは「二峰シュウは南台湾の宝です。今後も大切に使い続けていきたい」と語る。

この「南台湾の宝を作ったのが日本人技師・鳥居信平であった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 台湾を救った奇跡のダム。台湾人が尊敬する「もう一人の日本人」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい