トランプの「パリ協定離脱宣言」を、習近平がほくそ笑む理由

shutterstock_487546270
 

FBI長官解任騒動で注目を集めるトランプ大統領の暴走が止まりません。6月1日には世界196カ国が参加する「パリ協定」の離脱を宣言し、世界中から猛バッシングを浴びています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、「トランプ大統領は有言実行したが、それが良い結果になるとは限らない」とし、今回の決断は「中国にとっては喜ばしいことだ」とも記しています。その理由とは?

トランプの「パリ協定離脱宣言」を、習近平が大歓迎する理由

ぶるぶるぶる。モスクワ、寒いです。この原稿書いてる時点で、6度。モスクワ、今年は寒いです。1月は、マイナス35度まで下がった。5月は、何日も雪が降っていました。6月2日、ごく短い時間ですが、雪が降りました。それで、モスクワの人たちは、「地球温暖化という言葉を聞くと、「ふっと冷笑します。

その一方で、日本の夏は、私が子供だった頃と比べると、「むちゃくちゃ暑くなってるよな~」とも思います。私の実家、長野の冬、子供だった頃と比べると、「どう考えても暖かくなってるよな~」と思います。「ようわからん」ということなのですが。

事実として、トランプさんは6月1日、「パリ協定からの離脱を宣言しました。

「地球温暖化」「パリ協定」とは?

まず、基本的なことから。「地球温暖化問題」とは何でしょうか?

言葉のとおり、「地球が暖かくなっている問題」です。とはいえ、「地球は、そもそも寒くなったり、暖かくなったりしてるのでは?」と思いますね。「氷河期がなんどもあったと言うよな~」とか。

しかし、「20世紀後半になって、地球の気温は急激に上がっている」。「その原因は、二酸化炭素など温暖化ガスが急増したことだ!」と言うのですね。地球温暖化で、どんな悪影響が懸念されているのでしょうか?

  • 南極の氷が溶けて海面が上昇し、数十か国が水没する
  • 水不足、食料不足が起こる
  • 砂漠化が進む

などなど。「急激な地球温暖化は、人間が出す二酸化炭素などが原因」ということで、対策は、「二酸化炭素などの温室化ガスを減らそう」という話になります。

それで、出てきたのが、今回話題になっている「パリ協定」。2015年12月にパリで採択されました。2016年9月、「温室化ガス超大国」のアメリカと中国が批准。同年10月、EUが批准。パリ協定に参加しているのは、なんと世界196か国。参加していないのは、シリアとニカラグアだけです。そこに今回、アメリカ合衆国が加わります……。

印刷する

人気のオススメ記事

  • トランプの「パリ協定離脱宣言」を、習近平がほくそ笑む理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい