高級感のあるお店で決して100均グッズが使われない理由

shutterstock_633033029
 

お洒落な外装、雰囲気の良い店内―。方向性の違いはあれど、どんな店舗も独自の「世界観」作りに余念はないものです。しかし、ちょっとした「ほころび」で、せっかく築いたその世界観が壊れてしまうとしたら…。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者の坂本りゅういちさんが、良いお手本・悪い例を上げながら「揺るがぬ世界観の構築法」を記しています。

世界感は小さなところから

お店には、そのお店ならではの世界観が存在しています。ブランディングと言い方を変えてもいいかもしれませんが、お店特有の雰囲気のようなものがあるのです。アットホームなお店。スタイリッシュなお店。高級感のあるお店。下町風情を感じるお店。お店ブランドの数だけ、世界観は存在しています。

お店の外装を見ると、何となく世界観もわかりますよね。今、原稿を書いている私の目の前にはスターバックスがあるのですが、木目調の外装で、温かさを感じさせるとてもわかりやすい外装です。

しかし、世界観を決めるのは、外装だけではありません。お客様は、もっと小さなところからも世界観を感じ取るのです。

先日、あるメガネ屋さんで買い物をしました。外装から楽しそうな雰囲気のお店で、すごく親しみを感じるお店です。メガネを買ったことのある方ならわかると思いますが、商品の特性上、詳しい説明が必要になります。「このレンズは〇〇なので…」みたいな、注意喚起も含めての話です。

普通は、レンズのカタログのようなものを見せたり、パンフレットなんかを使って説明します。それが当たり前だと私も思っていました。しかし、そのメガネ屋さんは、全然違いました。手書きの絵本仕立てだったんです。

パンフレットなどとは違って、レンズの写真があるわけでもなく、詳細な数値が載っているわけでもありません。ですが、色鉛筆で書かれたその説明書きはとても親しみを感じて、思わず目を奪われて説明に聞き入ってしまいました。

聞くと、お店の雰囲気に合わせて、スタッフのみんなで手書きしているのだとか。これこそが、「世界観の演出」です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 高級感のあるお店で決して100均グッズが使われない理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい