戦後70年談話、米政府が「日本はすべての国の規範」と歓迎したわけ

kitano
 

14日に発表された安倍首相談話。戦後70年という節目の年とあって内外から大きな注目を浴びました。はたしてこの談話、成功だったのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんは「実は巧み」と評しています。

実は巧みな「安倍談話」。しかし懸念も

「安倍談話がよかったか、悪かったか?」

これ、総理の自己満足じゃダメですよね。結局、談話の「良し悪し」は、「まわりの人」が判断するのです。で、「まわりの人」(あるいは国)の中でも、やはり「主な主体」がいるわけです。

国でいえば

  • 中国
  • 韓国
  • アメリカ

日本国内の勢力でいえば

  • 保守(安倍総理の支持基盤)
  • 反安倍勢力

もう一度。

  • 中国
  • 韓国
  • アメリカ
  • 保守(安倍総理の支持基盤)
  • 反安倍勢力

と、だいたいこんな感じだと思うのですが。

この中に、総理が談話を出すにあたって、「あまり気にしなくていい勢力」もいるのですね。

それは

  • 中国
  • 韓国
  • 反安倍勢力

です。

「え~~~、中国、韓国に気に入ってもらえる談話を出すことが、一番大事なのでは????」

そう考える人がいるのはわかります。しかし、そんなことは「無理な相談」なのです。これらの国々や勢力は、「どんな談話が出ても必ず批判する」から。

反安倍の野党について、説明はいらないでしょう。

たとえば中国、韓国は、「村山談話はよかった」などといいます。その一方で、世界にむかって、「日本は一度も謝罪したことがない!」と宣言している。

「あれ? 村山さんが謝罪したこと認めてるのに…」ですよね?

でも、プロパガンダなので、「村山さんが謝罪した」とか、どっちでもいい。世界にむけては、「日本は一度も謝罪してない」というのです。だから、談話を出すにあたって、中韓、反安倍勢力のリアクションなんて気にしていられない

謝罪しなければ、「謝罪しろ!」と批判され。

謝罪したら、「謝罪が足りない!」と批判され。

何回謝罪しても、「日本は一度も謝罪してない」といわれるのですから。

結局大事なのは、

  • 保守の反応(安倍総理の支持基盤)
  • アメリカの反応

だけ。

なぜ保守の反応が大事かというと、もちろん安倍総理の支持基盤だからです。

なぜアメリカの反応が大事かというと、尖閣・沖縄を狙う中国に対抗するために、アメリカの助けが必要だからです。

しかし、困ったことに、日本の保守とアメリカの歴史観は、「正反対」である。

どう正反対?

保守の歴史観は、「日本は善」「アメリカは悪」

アメリカの歴史観は、「アメリカは善」「日本は悪」

安倍総理は、この「正反対の歴史観をもつ2つの勢力を同時に満足させる」という、難題をかかえていた。(だから、「談話なんきゃ出さなければいい」と多くの人が主張していました。私もそう書いていました。正直出さなくても何の問題もなかったのです)。

で、結果はどうだったのか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • 戦後70年談話、米政府が「日本はすべての国の規範」と歓迎したわけ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい