あなたの周りにいる「知ったか社員」が必ず商品の評価を落とす

shutterstock_636289355
 

例えば「アンティーク」と「ヴィンテージ」等、その明確な意味をきちんと把握せずに使ってしまっている言葉、ないでしょうか。こんな状況がビジネスシーンであったとしたら大問題になりうるとするのは、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者・坂本りゅういちさん。一体どんな状況に陥ってしまうというのでしょうか。

曖昧をないがしろにしない

突然ですが、クイズです。「アンティーク」と「ヴィンテージ」の違いってご存知ですか? 早押しボタンでお答えください(手元にある方は)。

正解は、

  • アンティーク…100年以上経過したもの
  • ヴィンテージ…100年未満で20~30年以上経過しているもの

だそうです。ヴィンテージの20年~30年というのは、大まかなようですが、100年未満のものである程度古いものを指すようですね。100年という定義になっているのは、大昔のアメリカの関税法で100年経過したものはアンティークとする」という取り決めがあったからだとか。なかなか、面白いですね。それにしても、この違いを知っていたという方はそんなに多くはないのではないでしょうか。

さて、なぜこんなクイズを出したのか。それは、曖昧なものをないがしろにして使う人が少なくないからです。先ほどの、「アンティーク」と「ヴィンテージ」もほとんどの人は、よく分からないまま、なんとなくの感覚で使っています。

別に関係のない人ならそれでもいいのですが、もし、そういった商品を販売する販売員がよく分からないまま使っていたら大変です。「これはアンティークなんですよ」と言いながら、10年くらい前の雑貨を売っていたら、非常によろしくないことになりますよね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • あなたの周りにいる「知ったか社員」が必ず商品の評価を落とす
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい