幼い兄の悲痛なSOS。探偵はいかにして被虐待児を救ったのか?

abe20171213
 

著者で現役探偵の阿部泰尚さんの「実体験」が毎回紹介されている人気メルマガ『ギリギリ探偵白書』。今回の依頼は、「母の彼氏に弟が暴力を受けている」という小学生男児からのSOSなのですが…、証拠もなく、児童相談所も警察も動けないという最悪の事態に、阿部さんはどのように立ち向かったのでしょうか?

地元

阿部はショッピングモールの一角にあるおもちゃコーナーにいた。暇そうに世間話をしている店員に声を掛けたのは、音の出る鉄砲を探すためであった。店員は「この辺ですよ」と言いながら、その一角を指差した。阿部はスマホから写真を探し、その商品と照らし合わせた。

「おお、これだ!!」

試しに引き金を引いて音を確認すると、安っぽい電子音が鳴った。阿部は嬉しそうにそれをレジに持っていき、会計をする店員に「領収書をください」と名刺を差し出した。店員は、え? という表情をしながら、胸に挿したボールペンを手に取り「T.I.U.総合探偵社」と宛名に書いた。

阿部 「機材代として」

店員は、また、えっ? という表情で領収書に書き込んだ。阿部はその場で箱を処分してくれるように頼み、車に戻った。車に戻ると、トランクスペースから工具箱を取り出し、すぐにこのおもちゃの鉄砲を分解した。

このおもちゃの中に阿部は超小型のカメラを仕込んだ。カメラユニットとシンプルなプッシュボタン、マイクロSDカードに記録するという仕組みで、トリガーを引く時とその前後5枚を撮影するプログラムを組み込んだ。また、音センサーを組み込み、90デシベル以上の音を感知すると、その前後3枚の写真と録音をする仕組みをグリップ下に仕込んだ。

ここまでの製作におよそ30分ほど。おもちゃの鉄砲を元の形に戻し、再び写真を見て、塗装が薄くなっているところなどを細かい番手のヤスリで削った。

準備が整ったところで、阿部は車のスタートボタンを押した。ショッピングモールから出て、しばらく走り、住宅街に入ったところで車を停めた。「おもちゃのお医者さんと背中にプリントされた赤いジャンバーを羽織り阿部は車から降りると、伊達眼鏡をかけてから髪の毛をボサボサにするように頭を掻いた。

そしてアパートの鉄階段を登り、呼び鈴を鳴らした。すぐに飛び出てきたのは、少し目つきの悪い少年であった。彼の背後から嬉しそうな表情でカケてきたのは、まだ小学生になっていない男の子であった。

阿部は、この男の子から先ほど改造したおもちゃの鉄砲と同じ型の鉄砲を受け取ると、再び車に戻った。車で一服し、30分ほどで、再び呼び鈴鳴らした。今度は笑顔で男の子が玄関を開けた。

阿部 「少し重くなったけど、ちゃんと動くようにしておいたよ」

男の子は大喜びで、部屋の奥方へ下がっていった。仕掛けは十分である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 幼い兄の悲痛なSOS。探偵はいかにして被虐待児を救ったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい