なぜ、客の少ない店内を賑やかにすると売り上げがUPするのか?

ryuichi20171219
 

お客さんが誰もいないお店、とても入りにくいですよね。シーンとした店内で、自分の足音や商品を触る音が響いているような気がして、一層居づらくなり買う気も失せてしまいます。お店側として、そんなお客様の心理をプラスの方向に持ってゆく方法はあるのでしょうか。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、思わず納得のテクニックを明かしています。

賑やかさは居心地が良い

クリスマスシーズンセール時期ということもあり、どのお店でも、店頭が賑わっています。先月(11月)と比べても、お客様の数が増えていたり、売上が上がっているお店が多いのではないでしょうか。

こういう賑やかなときというのは、人の心理として、お金を使うことへの抵抗が薄れます。というより、楽しくなって思わず買い物をしてみたり、思わずお店に入店してしまう人が増えるのです。これは皆さんも肌で感じていることではないでしょうか。

お店に従業員しかいないときと、お客様が何人もいるときでは、入店率がまったく違いますよね。明らかにお客様がいるときの方が入店率は高くなります。同時に、周囲のみんなが買っていたり、わいわいしていると、購入率も自然と高くなりますね。一度レジに行列ができてしまうと、一気に人が並び出すようなものです。

常に賑やかであるということは、自然とお客様の購買意欲を上げているということでもあります(ハイブランドや百貨店などではその限りではありませんが)。そして、この話は、普段の店頭でも活きる話です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ、客の少ない店内を賑やかにすると売り上げがUPするのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい