夜逃げした着付け業者「はれのひ」事件を、探偵が調査した結果

2018.01.11
977
はれのひ 詐欺 成人式 振袖
 

振袖の販売・着付け・レンタルなどを手がけていた「はれのひ株式会社」が成人式当日に店舗を突如閉鎖し、晴れ着が着られなくなった新成人が相次いだ前代未聞の事件。一部では「計画倒産」との声もささやかれています。人気メルマガ『伝説の探偵』の著者で現役の探偵である阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんは、この事件を探偵としての経験から分析し行った「初動調査」の結果について報告しています。

はれのひ事件のあらまし

振袖の販売や貸し出しをしていた「はれのひ株式会社が成人の日に店舗を閉鎖し、この日予約などをしていた新成人に晴れ着などが届かず大混乱となっているという事件。事件当日に、警察に被害届を出すなど、被害相談が殺到し、警察も重大な事件だと動き出すというニュースであった。

各社報道も乱れており、店舗数が各局によって異なったり、本社所在地を横浜だと報道しているものもあった。成人の日は、祝日ということもあり、法務局は閉まっているから、会社の基礎資料となる法人登記簿謄本は、オンラインからでも所得はできない。

そのため、当日は情報が錯綜したのであろう。

さて日が明けて、今日9日昼から初動調査を行った。今回の現状報告は初動の「しょ」のところであること、ご理解いただきたい。

はれのひ株式会社について(記録・情報)

はれのひ株式会社は、平成23年3月28日に創業している。

当初は、 「シーン・コンサルティング株式会社」 という商号であった。この社名で行なっていたのは、コンサルティング業であり、主にブライダルや振袖の販売店などの経営コンサルティングがその事業の主軸であった。売上規模は極めて小さく、代表取締役社長の自宅が創業の地となっている。

平成24年夏頃に横浜市内で振袖の販売や貸し出しを行う店舗を開設し、ついで横須賀店、博多天神店、八王子店とその規模の拡大した。ちょうど博多天神店を開設した際に、コンサルティング業よりも事業として魅力的だと感じ始め、八王子店開設となった平成27年12月、「シーン・コンサルティング株式会社 ハレノヒ事業部」から社名ごと「はれのひ株式会社に変更した。

平成28年9月期の売り上げは4億8千万円だということだから、順調に売り上げ規模を伸ばしていたことになるのだが、従業員を名乗るツイッターの情報によれば、平成29年に入り、給与の未払いや取引先への支払いが遅れていたというから、平成28年~平成29年にかけて事業的な問題が発生していた可能性が高いと考えられる。

代表取締役のS氏は創業当初には博多に住まいがあり、平成25年に横浜市中区に引っ越しをしている。平成27年にはみなとみらいの高級高層マンション住まいとなるが、これは賃貸マンションであり、所有は別の個人(夫婦)の持ち物となっていた。

事実上の本社となっているのは、横浜市中区の商業施設「CROSS GATE」であるが、商業登記簿謄本によれば、この所在地は支店として登記されている。

登記上の本店所在地は、「福岡市博多区」であり、この所在地は代表取締役のS氏が横浜市中区へ引っ越しした同日となっている。

資本金は平成24年に変更登記がなされ、150万円となっている。

売り上げの規模や従業員数(49人)から考えれば、会社の資本は潤沢であったとは言い難い

harenohi01

印刷する

人気のオススメ記事

  • 夜逃げした着付け業者「はれのひ」事件を、探偵が調査した結果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい