軽い気持ちで「仮想通貨」投機を始めようとしている人への忠告

shutterstock_687539590
 

先日掲載の「コインチェックは460億円をどこから取り出し、支払うつもりなのか」でお伝えしたように、仮想通貨取引所「コインチェック」の巨額流出問題は、知識をほとんど持たず軽い気持ちで仮想通貨取引を始めた人にとって、まさに青天の霹靂だったのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』では著者の音多さんが、仮想通貨に投機する前に身につけておくべき基礎知識を、初心者にもわかりやすく解説しています。

投資の階段~暗号通貨に投機してみた

今回は暗号通貨の基本をお伝えします。例えばビットコインとアルトコインの区別がつかない人も多い現状です。暗号通貨はどこでどうやって買ったらよいのかも分らない人も多く、謎のベールに包まれた部分が多くて食わず嫌いになっている人も多いでしょう。よって今日は簡単に基本を押さえて、少なくとも暗号通貨を買えるまでになっておきたい所です。

ではまず暗号通貨の種類から見てみます。暗号通貨は主に「ビットコインとアルトコイン」の二種類に分けられます。ただビットコインはひとつしかありませんが、アルトコインは1,000種類以上存在します。アルトコインとは直訳で「(ビットコインの)代わりとなるコイン」という意味です。

なぜこうして分かれたかというと、それはビットコインが最初の暗号通貨であり、現時点で最大の時価総額を持つため影響力が大きく、暗号通貨全体の基軸通貨のようになっているからです。ですから今後ビットコインが落ち目になって凋落すれば、他のアルトコインの中から覇権を握る通貨が現れるかもしれません。

アルトコインは本質的な仕組みはビットコインと変わりませんが、機能面(安全性や取引速度)でより価値を高めたものが開発されたり、資金収集を目的として次々に生み出されています。そのアルトコインには「イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、カルダノ、ネオ、ライトコイン」など、現時点で1,000種類以上が存在します。

ではこれらビットコインやアルトコインはどこで買えるのいか? それは「取引所と呼ばれる所で購入します。じゃあどこに取引所があるかというとインターネット上です。

日本の取引所も今後山ほど増えて行くと思われますが、有名処は「Zaif」「ビットフライヤー」「コインチェック」などです(コインチェックは18年1月にNEMというアルトコインの流出問題が起こりました。18年1月29日現在、業務停止状態なのでご注意を)。

日本の取引所を使えば日本語で分り易いのですが、デメリットはアルトコインを取り扱う種類が少ない事です。例えば上記挙げた時価総額の大きなコインの中にも「カルダノ」など、日本の取引所では購入出来ないものもあります。

ではそうした通貨を購入したい場合はどうするか? それは海外の取引所(例えば香港の「バイナンス」など)に口座を開設すればいいんですね。口座開設は海外取引所でもそれほど難易度は高くありません。言語は英語ですが、プロセスはどこもシンプルです。ただパスポートなど、顔写真付きのプロフィールをアップロードする必要は有ります。

なので最初は日本の取引所に口座を開設し、好きなコインを買う事から始めると良いでしょう。取引所の選び方はホームページの分りやすさ、手数料の安さなどから選びます。

私は最初、ビットレックスという海外取引所からデビューしましたが、日本の取引所は手数料の安いZaifを使っています。

口座を開設したら後は取引所にお金を振込んで好きなコインを買うだけです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 軽い気持ちで「仮想通貨」投機を始めようとしている人への忠告
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい