なぜトランプは、韓国から米軍を撤退させたがっているのか

kitano20180508
 

かつては「世界の警察」を自負し強力な軍事力で世界に睨みを利かせていたアメリカですが、トランプ大統領となってからどうも様子に変化が見られ始めたようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、トランプ氏が朝鮮半島や中東から米軍を撤退させたがっているという事実とその理由を紹介するとともに、日本が自己防衛力を強化するために取るべき政策を記しています。

トランプは、在韓米軍を削減したい

米国が画策する『北朝鮮の非核化』は、カダフィー大佐とそっくり」では、アメリカが北朝鮮核問題で、「リビア方式」を検討しているという話でした。

「リビア方式」とは、「核兵器核開発放棄」「制裁解除」。「リビア方式」でうまくいけば、日本はうれしいですが。しかし、03年に核開発を放棄したリビアのカダフィさんは、11年に殺されています。はたして、金正恩はリビア方式に同意するのでしょうか?

今日も朝鮮半島がらみの話。トランプさんは、「在韓米軍を削減したい」そうです。

トランプ氏、日米会談で「在韓米軍削減」に言及

読売新聞 5/5(土)6:39配信

 

トランプ米大統領が安倍首相と4月に会談した際、在韓米軍の削減や撤退の可能性に言及していたことが分かった。

複数の日米関係筋が明らかにした。それによると、米南部フロリダ州パームビーチで同月17、18日(米時間)に行われた日米首脳会談で、トランプ氏は在韓米軍を削減したり撤退したりした場合の影響について、首相に意見を求めた。
(同上)

で、安倍総理は、なんと答えたのでしょうか?

首相は東アジアの軍事バランスを崩すことへの懸念を示し、反対する意向を伝えたという。
(同上)

日本政府は、在韓米軍の大幅削減や撤退は、朝鮮半島有事の際に米軍の対処力が弱まるとみて警戒している。首相はその場でトランプ氏に対し、こうした立場を説明した。
(同上)

トランプさんは、在韓米軍を削減、できれば撤退させたい。これ、別に新しい話ではありません。大統領選挙戦中からいっていました。韓国だけでなく、日本についてもいっていました。

「もっと金を出さなければ、日本から在日米軍を撤退させる!」

ちなみにトランプは、シリアについても米軍を撤退させる!」と発言しています。なぜ、トランプは、世界中から米軍を撤退させたいのでしょうか?

目に見える利益をもたらさない海外の米軍

理由は、彼が実業家だからでしょう。実業家は、その活動が「儲かるか? 儲からないか?」で判断します。

米軍が韓国にいることで、アメリカは、儲かっているでしょうか? 儲かっていないでしょう。米軍が日本にいることで、アメリカは、儲かっているでしょうか? 儲かっていないでしょう。

「儲からない活動はやめよう。だから米軍を撤退させよう」

実にシンプルな考え方です。しかし、実に浅い考えともいえます。なぜ?

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜトランプは、韓国から米軍を撤退させたがっているのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい