マネーボイス メニュー

本当は怖い「推し活」。浪費をやめられないカルトに似た構図があることに気づけ=鈴木傾城

「推し活借金」「推し活破産」という言葉も出てきている。「推し」のファンであるために、推しへの熱狂的な応援が求められ、他のファンに負けないために大金を使うことが強いられるようになる。過度な「推し活」は、ある意味カルトに似た構図があるように見える。(『 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編 』鈴木傾城)

【関連】インドの急成長を日本人はまだ知らない。投資家は未来の「デジタル超大国」に賭けたほうが確実性が高いと言える理由=鈴木傾城

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

とにかく消費をひたすら促進させる社会

現在は資本主義であり、資本主義はとにかく消費をひたすら促進させる社会でもある。そのため、人々は気がつかないうちに無駄な出費を強いられる。たとえば、企業は個人の無駄買いを促すために、セールやディスカウントを頻繁に行う。

テレビも見ても、インターネットを見ても、いまや広告まみれである。世界でもっとも人々に広告を届けるのがうまいのがGoogleとMetaとAmazonで、これらの企業は凄まじい時価総額を誇るまでになった。

消費社会ともなると、人々はブランドや高級品に惹かれ、必要以上に高価な商品を買う。あるいは、外食や高価なレストランでの食事を頻繁に行う。あるいは無駄なゲーム課金や高額な趣味具への支出をするようにある。

あるいは、予算を度外視した贅沢な旅行や急な海外旅行をする。高額な健康サプリメントや無駄な健康法に走る人もいる。

最近、マスコミが煽っているのが「推し活」というものなのだが、これは何かというと、対象となるアイドルやキャラクターのグッズやイベントへの参加を通して、無駄金を使わせるものだった。

推しの対象は、どこかのアイドルグループだったり、セレブだったり、著名人だったりするだけでなく、地下アイドルだったり、ホストクラブやコンカフェのホストだったり、いろいろだ。

別にお目当ての「推し」がいてもいいとは思うが、悪質な「推し」は自分に近寄ってくる人間から、ありったけ金を吸いあげ、奪い取るのが目的となっていることもあり、そこに金を投じるのは、まさに「無駄な消費」となる。

歓楽街ではホストクラブのホストを「推し」にして、風俗や売春に蹴り落とされた女性も大勢いるが、無駄な消費をしたあげくに社会の裏側に落とされて人生がめちゃくちゃになるのだから、これは無駄な「推し」の最悪のケースではないか。

貧しくなればなるほど浪費が過激になっていく?

「推し活借金」「推し活破産」という言葉も出てきている。「推し」のファンであるために、推しへの熱狂的な応援が求められ、他のファンに負けないために大金を使うことが強いられるようになる。

アイドルのイベントやグッズ販売において、数量限定のアイテムや特典が用意されることがあるのだが、こうしたものをとにかく大量に買うのがファンの「義務」のようになっていたり、それを買うように煽られたりする。

握手会への参加、誕生日パーティーの参加、各種イベントの参加、ファンクラブの参加もそれぞれ費用がかかる。「推し」に熱狂すればするほど、自分の経済状況を度外視した活動になり、そして生活破綻に向かう。

しかし、こうした活動が「推し活」と呼ばれて、さも浪費するのが当たり前のようにマスコミもファンも煽ったりするので、浪費がとまらない。

Next: 「推し活」は新しいカルト?浪費し続ける生活は長く続かない



この「推し活」による光景を、「新しいカルトのようだ」と評する人もいる。まさにその通りでカルト集団の教祖と信者の関係を、そのままエンターテイメントに落とし込んだのが「推し活」だったのだ。

表社会ではアイドルグループを追いかけて全国行脚し、数百万以上を「推し活」に使ったという人もいる。裏側では推しのホストを相手に「推し活」をして、数千万どころか数億を貢いだ女性もいる。

その結果として、「推し活借金」「推し活破産」が生まれてくる。そこまでして「推し活」にのめり込むのは、それが時代の風潮として煽られているという見方もできるし、資本主義の「消費文化」にどっぷり洗脳されているという見方もできる。

いずれにせよ、それは持続可能なライフスタイルではないのはたしかだ。

金を増やす人間と、金を使う人間の二種類がいる

人は誰でも自分の趣味に合ったものがある。好きな歌手、好きな歌、好きな芸能人、好きな人がいる。好きなのだから、それに関連したものを集めようとするのは自然なことだ。「推し」は誰でもあるのだ。

だから、けっして「推し活」を否定するものではない。

しかし、世の中には限度というものがある。「推し活」にのめり込んで莫大な金を使っている人は、「推しの養分」になっているということだ。

ただ、それをふと自覚したとしても、彼らがとめられるのかどうかは未知だ。「推し活」はカルト教団の洗脳装置をそのまま右から左に持ってきたような側面があるからだ。いったん、洗脳されると場合によっては一生抜けられないこともある。

アイドルグループを推して破産する人や、ホストに入れ込んで破産する人を見て、第三者は「なぜ、あんなものに金が使えるのか?」と思うのだが、「推し活」というのは現代のカタチを変えたカルトであると考えたら納得できるはずだ。

カルトにはまった人間は個人の判断力が低下しており、カルトのリーダーの指導に従順になるように常に働きかけられている。

そして、カルト内では内部のコミュニティが非常に強力である一方で、外部の社会とのつながりは逆に希薄になる。社会的に孤立していき、カルトの内部に依存する傾向が強まっていく。

そして、カルトは個人のアイデンティティをカルトに結びつけるので、カルトを離れることは自己のアイデンティティを喪失するのと同じになる。ただ、こうしたものを外部が批判すればするほど、内部は「外の世界は危険だ」という認識になり、より結束が強まる。

「推し活」がカルトのそうした仕組みとかなり類似している現象であるとしたら、推し活をする人間が目が覚めるのは難しそうだというのがわかるはずだ。

Next: 「自分が養分にされていないか?」を確認する必要



「自分が養分にされていないか?」を確認する

自分の生活が破綻するまでの「推し活借金」「推し活破産」は完全に行き過ぎである。それが人生のすべてとなり、自分の主体性が喪失してしまっているのであれば、それは「カルトの犠牲になった信者」というしかない。

養分から脱却するためには、まず最初に必要なのは「自分が養分にされていないか?」を確認することが必要になってくる。常識とはかけ離れた額を「推し活」に入れ込んでいるのであれば、まぎれもなく養分だ。

数百万円、数千万円も貢がないといけないほどいけないのは異常だし、それを許容してしまう精神状態も正常ではなくなっている。

常識ではないことをやって無尽蔵に金を失っているのであれば、それだけで問題だというのがわかるし、そうであるならばそこから脱却しなければならないという動機も浮かんでくる。まずは、認識しなければならないのだ。

そして、自分が養分であることは正しい生き方なのかどうかを自問自答する必要がある。誰かに金を貢ぐ生き方は正しいのか。誰かを崇拝して自分の人生を犠牲にするのは正しいことなのか。誰かに言われた通り、従順に金を払い続けるのは果たして自分の人生を向上させるのか。

生活破綻するほどのめり込むという状態が「正しいこと」であるはずがない。もし正しくない状態を続けてしまうというのは、もはや精神的な病(やまい)の領域でもある。

現代社会は資本主義社会であり、資本主義社会では資本(端的に言うとマネー)が増える方向のライフスタイルがおおむね正しい。なぜなら、資本が増えることによって、資本主義では恩恵を得られるケースが非常に多く、またその恩恵が継続するからだ。

とすれば、過度な「推し活」は無意味であることがわかるはずだ。それは資本主義の世界では単なる「養分」以外のなにものでもなく、まったく無意味で無価値な行為であるといえる。

ちなみに、「推し文化」はZ世代に流行っているということなのだが、そのZ世代のひとりにそれを聞いてみると、ただひとこと「気持ち悪い」と述べた。Google検索のサジェストでも「推し文化 気持ち悪いと出てくる。マスコミがいうほど若い世代全体が「推し文化」熱狂しているようでもなさそうだ。

有料メルマガ好評配信中! 初月無料です

【関連】VISAが金融業界で最強の企業になると言える理由。ビル・ゲイツは「いずれ銀行はなくなる」と言っている=鈴木傾城

【関連】日本国民はまるで政府のATM。給料の半分近くを税金と社会保険料で毟り取り、30年の失政のツケを私たちに払わせている=鈴木傾城

【関連】日本の貧困層は飢えずに太る。糖尿病患者の半数以上が年収200万円未満の衝撃=鈴木傾城

<初月無料購読ですぐ読める! 5月配信済みバックナンバー>

※2024年5月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2024年5月配信分
  • 米国株で徹底的に安全を重視した上で、もらえる配当をとにかく増やしたいなら?(5/26)
  • 日本社会は悪くなる一方だが、日本の株式市場は「別の世界」に入ったと見る理由(5/19)
  • いつまでも配当が入ってくる「資本主義的・永久機関」を手に入れるならばこれ(5/12)
  • ドル円レートの急激な動きで阿鼻叫喚にあるFXトレーダーを見つめながら思うこと(5/5)

いますぐ初月無料購読!


※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込660円)。

2024年4月配信分
  • 将来、是正不可能な円安がきたとき、はたして日本人は正気でいられるだろうか?(4/28)
  • 資産防衛として優秀なゴールドが上昇しても私がゴールドには投資しない理由とは(4/21)
  • 「無能な政治家たちの悪影響」がなるべく自分に及ばないように準備しておく方法(4/14)
  • 円安は良いのか悪いのかよく議論になる。さまざまな見解があるが答えはこうだ!(4/7)

2024年4月のバックナンバーを購入する

2024年3月配信分
  • 日銀は円安阻止に「あらゆる手段を排除しない」というが、私はこう考えている(3/31)
  • バブルに乗って大儲けを考えるよりも「これ」をやっておくのが結局は勝ちになる(3/24)
  • 次の時代を生き残りたかったら、斜に構えていないで人工知能に思いきり飛び込め(3/17)
  • 日経平均株価が4万円を超えても、日本に長期投資してはいけないたった1つの理由(3/10)
  • 人工知能(AI)による大きな潮流と肥満症薬の大きな潮流を丸ごと飲み込めばいい(3/3)

2024年3月のバックナンバーを購入する

2024年2月配信分
  • 人工知能によるパラダイムシフトとバブルが社会も相場も変えていく可能性がある(2/25)
  • これまでの30年で資産を10倍にした「この投資先」は次の30年でも資産を10倍にする(2/18)
  • 株式市場でハゲタカにワナにかけられているとき、どのように生き残ればいいのか?(2/11)
  • 新NISAで何も知らないまま株式市場に入って来た人の大半は資金を失うと思う理由(2/4)

2024年2月のバックナンバーを購入する

2024年1月配信分
  • 貯蓄から投資へ。しかし投資の失敗は「自己責任」なので国は絶対に補填しない(1/28)
  • 岸田が国民の貯金を金融市場に誘導しているのを見てワナと感じない人は鈍すぎる(1/21)
  • 投資は労働ではない。どうして投資では「何もしない」ことが重要になるのか?(1/14)
  • 次の暴落があるのかないのか知らないが、暴落がきたらまた「焼け太り」するだけ(1/7)

2024年1月のバックナンバーを購入する

2023年12月配信分
  • 今後日本が凋落しても、それに巻き込まれない方法を考えるのがこれからの生き方(12/31)
  • 800万円の配当3%は24万円。「コレ」ができる人は800万円持っているのと同じ(12/24)
  • 私が全世界株式よりもひたすらアメリカの株式市場だけに賭けるたった1つの理由(12/17)
  • 長期投資するつもりでも平均保有期間は3年程度。どうしてそうなるのか理由は1つ(12/10)
  • 「元本が保証されないものには1円も出せない」の考え方そのものがリスクの時代(12/3)

2023年12月のバックナンバーを購入する

2023年11月配信分
  • 貯金が貯まらないような社会が構築されているので何も考えていないと金は消える(11/26)
  • 日本は先行き真っ暗かもしれないが、視野を広げれば資本主義の旨みが手に入る?(11/19)
  • 今の日本は不調なドイツにすらも追い抜かれるくらい政治家の無能が際立っている(11/12)
  • 政府が無能な時代の最強のライフスタイルとは?楽しみながら何をすべきなのか?(11/5)

2023年11月のバックナンバーを購入する

2023年10月配信分
  • 富裕層でないのであれば、消費地獄を逆に利用するライフスタイルを持つといい(10/29)
  • 情報過多で自滅してしまう人は多い。よけいな情報に振り回されのが最大の害悪(10/22)
  • 戦争・紛争・不景気。不安定な世の中ではどのように振る舞うのが合理的なのか?(10/15)
  • イスラエルの紛争は第三次世界大戦になるのか。金融市場の結論は「ならない」だ(10/12)
  • 今後、「日本が復活できない未来」に思考の比重を移して準備しておく必要もある(10/8)
  • 100%完全なる不労所得があるのに、ほとんどの日本人はそれにアクセスしない(10/1)

2023年10月のバックナンバーを購入する

2023年9月配信分
  • 経済が悪化して人々の阿鼻叫喚が最大に達したときが、もっとも素晴らしいとき(9/24)
  • 明日は今日よりも良くなる?日本人でも無能な日本政府に付き合う義務なんかない(9/17)
  • 中国に排除されて売られているアップル株だが「売り」の判断は本当に正しいのか?(9/10)
  • いずれ日本もインフレが起きて円の資産は目減りするので、どうすればいいのか?(9/3)

2023年9月のバックナンバーを購入する

2023年8月配信分
  • 心配無用。最近も言われている「アメリカはもう終わり」に恐れることはない理由(8/27)
  • 年間2万円の出費だけで株式売買を年間200回して経験値を上げる方法もある?(8/20)
  • 馬鹿で無能な政治家が運営する日本にカネを預けて一緒に苦境に落ちるのは愚か(8/13)
  • 【VTI】へ投資をしていると投資情報に触れることも人によっては「毒」になる?(8/6)

2023年8月のバックナンバーを購入する

2023年7月配信分
  • 今の日本社会が崩れ落ちてぐちゃぐちゃになったら、それで得する日本人もいる?(7/30)
  • アンダークラスでも100万円を貯めるのは可能だ。やるべきことはただひとつだけ(7/23)
  • 投資家としての自覚が完全に欠落してしまったほうが実はいいのかもしれない?(7/16)
  • 今までの「ろくでもない政治」が続き、衰退するばかり日本をどう見捨てるべきか?(7/9)
  • 「貯金している人が損する時代が2022年から来ている」ということを知ってるか?(7/2)

2023年7月のバックナンバーを購入する

2023年6月配信分
  • 「貯蓄から投資へ」というのは「自分たちで金を何とかしろ」という棄民政策か?(6/25)
  • 日本政府と財界が仕掛けている血も涙もないワナを理解して生き残りを図ればいい(6/18)
  • 凋落していく日本から脱出できない場合、すべきことはマネタイズともう1つのこと(6/11)
  • 日経平均が3万1000円を超えて上昇しているが、鈴木傾城はどう考えるのか答える(6/4)

2023年6月のバックナンバーを購入する

2023年5月配信分
  • 今日のメルマガは、1億円突破のシングルマザーさん含め、質問だけひたすら答えます(5/28)
  • 社会を不安定化させる経済格差。超富裕層と低所得層の違いはどうなっているか?(5/21)
  • 時が来たら行動できるかどうかが重要なのであって、予測は思うほど重要ではない(5/14)
  • 日本に期待しないので「日本と自分を切り離す努力が必要」と思う人が増えている(5/7)

2023年5月のバックナンバーを購入する

2023年4月配信分
  • 円の価値が喪失する理由。資産逃避どころか日本人の脱出も静かに進行していた?(4/30)
  • 今こそ考えろ。馬鹿な政治家・無能な官僚と一緒に沈むほど虚しい人生はない(4/23)
  • 「金のことを考えたくないから金が欲しい」のであれば、考えない投資が一番いい(4/16)
  • 円しか持っていなければ、その時点で超絶的な悲劇から立ち直れなくなる理由とは?(4/9)
  • 2020年代はいよいよ「先進国としての日本」の終わり?(質問コーナー始めました)(4/2)

2023年4月のバックナンバーを購入する

2023年3月配信分
  • この10年で日本が変われないのであれば、次の10年は「この現象」がやってくる?(3/26)
  • 金融市場の大混乱がやってくる。うまく立ち回りたいのであれば今がチャンスの時(3/19)
  • 時代を変える人工知能。関連する企業に今すぐに投資することで儲けられるか?(3/12)
  • 首相自ら「日本が社会的機能を維持できなくなる瀬戸際」と言うのが日本の現状(3/5)

2023年3月のバックナンバーを購入する

2023年2月配信分
  • 為替レート。素朴で単純で誰でも理解できる「たった1つの問い」で資産が増える?(2/26)
  • あなたは「10万円を3回10倍にして手っ取り早く1億円ゲット」を実現できるか?(2/19)
  • 「損したくない」という気持ちがあまりにも強すぎる人が逆に大損するメカニズム(2/12)
  • 現金を持っていたら目減りする時代に入った。やるべきことと気をつけるべきこと(2/5)

2023年2月のバックナンバーを購入する

2023年1月配信分
  • リストラが増えて世の中が悲惨になっていくのだが、それを喜んでいる存在がある(1/29)
  • 「衰退を止められない日本でいかに生き残るのか?」がテーマになったと理解せよ(1/22)
  • 株式市場の暴落の大底は景気後退《リセッション》の期間中に来る確率が高い?(1/15)
  • 2023年は実体経済がボロボロになるので、ぼんやり寝てないで「Jカーブ」に乗れ(1/8)
  • 日本が先進国から一気に途上国に転落するくらいの悲劇的な凋落もあり得る理由(1/1)

2023年1月のバックナンバーを購入する

2022年12月配信分
  • 苦しかった2022年の日本。しかし2023年はますますヤバい年になってしまう?(12/25)
  • 日本が変われないのであれば「2022年は終わりの始まりだった」と歴史に残る?(12/18)
  • 岸田政権はもう見込みがないのは言うまでもないのだが、もっと悪いことがある(12/11)
  • 2023年は楽勝ではない。しかしこの年がどうなろうとやっておくべきたった1つのこと(12/4)

2022年12月のバックナンバーを購入する

2022年11月配信分
  • 2023年。いよいよキャピタル・フライトをすべき最適な時期が来たと考えるべき(11/27)
  • 日本人は崖から落ちようとしているのに止められないバスに乗っているようなもの(11/20)
  • 2023年に景気後退《リセッション》は到来する。この悲惨の中で世間と逆行する?(11/13)
  • あらゆるデータ・社会問題が日本の衰退を示す。やるべきことはたった1つしかない(11/6)

2022年10月のバックナンバーを購入する

2022年10月配信分
  • ボロボロになっていく株式市場と景気後退の到来危機の今、考えるべき大事なこと(10/30)
  • 経済的にも政治的にも駄目になっていく日本。その中で重要になるたった1つの考え方(10/23)
  • 景気後退が避けられないのであれば、まだまだ様子見に徹した方がいいのだろうか?(10/16)
  • 混乱に突入。株価下落、リセッション、債務・金融危機、スタグフレーション……(10/9)
  • 日本は何らかの奇跡でも起こらない限り破綻まっしぐらなので、それを前提に生きる(10/2)

2022年10月のバックナンバーを購入する

2022年9月配信分
  • クライマックスはこれからやってくる。不測の事態に立ち向かう最も効果的な方法(9/25)
  • 政治が期待できないなら資産として円を持ち続けることに不安や恐怖を感じるべき(9/18)
  • 周期的に経済ショックと株式市場の暴落がくるが、最終的にはどうしたらいい?(9/11)
  • チャンスをつかむために「これ」を自分の生活から排除する練習を今からしておけ(9/4)

2022年9月のバックナンバーを購入する

2022年8月配信分
  • 2022年は生活をダウングレードし、安いジャンクフードでも食って寝ていればいい(8/28)
  • もう日本は駄目かもしれないと心の中で不安がよぎるなら、やっておくべきこと(8/21)
  • 株式市場では、本当においしい局面だけに顔を出して弱っている相手と戦えばいい(8/14)
  • 日本という国はもう時間切れ。期待しても無駄なので自分の力だけで何とか生き残れ(8/7)

2022年8月のバックナンバーを購入する

2022年7月配信分
  • 社会情勢は十分に悪化しつつある。あなたは波乱の空気を感じ取れているだろうか?(7/31)
  • 日本政府が信用できないと思う人は、そろそろ日本政府を見捨てる準備をしておけ(7/24)
  • 国民は「経済的な衰退を止められない自民党」を大勝させたが、これからどうする?(7/17)
  • 安倍晋三という巨大な存在が消えて、これから日本経済がどうなるのかを考えよ(7/10)
  • 阿鼻叫喚の中で正しい行動をするというのは意外に難しいことを、あなたは知る(7/3)

2022年7月のバックナンバーを購入する

2022年6月配信分
  • 暴落の足音。そろそろ次の暴落のことや、その時の戦略のことを考える時期に来た(6/26)
  • 株式大暴落の予兆。リセッションという言葉が頻出するようになったら気をつけよ(6/19)
  • 私たちはこれからも税金を取られまくり、衰退する国の中で生きなければならない(6/12)
  • 株式市場が死屍累々となったら、私は墓場から抜け出して株式を買いまくりたい(6/5)

2022年6月のバックナンバーを購入する

2022年5月配信分
  • ヤバい時代がやってくる。ひとりひとりの人格を尊重する社会は地獄を生み出す(5/29)
  • 「物価高・経済縮小・増税」の三重苦。この時代で最も効率的なサバイバルは?(5/22)
  • 吹き飛ぶレバナス、一夜で価値がゼロになる仮想通貨。愚かな人間と自爆するな(5/15)
  • 「資産所得倍増プラン」みたいな話が続くようであれば、何をする必要があるのか?(5/8)
  • 国民からカネを吸い上げる搾取マシーンと化した日本政府には何も期待するな(5/1)

2022年5月のバックナンバーを購入する

2022年4月配信分
  • 株式の暴落の合図は点灯したので、心して次のショックを迎える心の準備が必要だ(4/24)
  • 資本主義の社会でしたたかに生き延びたかったら、視点をこのように切り替える(4/17)
  • 逆イールドが発生すると株式市場で起こることを理解して、パニックにはなるな(4/10)
  • 最終的には、国家の衰退は円安を進行させる。だから、今こそすべきことがある(4/3)

2022年4月のバックナンバーを購入する

2022年3月配信分
  • 円安によってどんどん物価上昇が鮮明になっていくが、円安で狂喜乱舞する人とは?(3/27)
  • 【号外】新著『亡国トラップ ─多文化共生─』発売中! 多文化共生は亡国に至る罠(トラップ)ではないのか?(3/21)
  • 世の中の混乱が深まっている中、「自分の身は自分で守る」ための30項目を改めて振り返る(3/20)
  • 起業にも投資にもまったく興味がなく、ほどほどの収入の人はどう生きるべきか?(3/13)
  • 金融経済も実体経済も悪化して波乱の真っ只中。しかし勘違いしてはいけないこと(3/6)

2022年3月のバックナンバーを購入する

2022年2月配信分
  • 不況の時代は不況に合わせた生き方に転換せよ。それが合理的なライフスタイルだ(2/27)
  • 今は何もしないで、もがいていた連中が討ち死にするのをのんびり見ながら過ごせ(2/20)
  • 「インフレ=経済成長」と勘違いするな。日本社会がそうならないのは理由がある(2/13)
  • 経済状況が悪化したら真っ先に首が絞まるのは誰か? 生き残る戦略とは何か?(2/6)

2022年2月のバックナンバーを購入する

2022年1月配信分
  • 能力のない人間は死ねと言っているような社会で実体経済も金融経済も悪化している(1/30)
  • 今後の数ヶ月、株式市場も実体経済もどんどん悪化するのに何をするというのか?(1/23)
  • 覚悟しろ。コロナ・インフレ・利上げ・株式市場悪化、そして新たな悪材料の登場(1/16)
  • 今年は自爆が多発する年になる? しかし、本当に怖い自爆は日本の社会が生み出す(1/9)
  • 2022年始動。瀬戸際に立つ日本の「危険極まりない情勢」をディープに取り上げたい(1/2)

2022年1月のバックナンバーを購入する

【関連】迫る消費税11%超えと日本衰退。富裕層・大企業だけ税逃れ、一般市民は「消費したら罰金」のコロナ増税へ=鈴木傾城

【関連】もはや「大卒」に価値は無い。高学歴の失業者があふれる社会でどう勝負すべきか?=鈴木傾城

【関連】偽装結婚が増加中。日本人が知らない中国人女性の恐ろしさと潔い手口=鈴木傾城

【関連】なぜ生活保護は助けない?所持金600円の母子家庭を追い返し、不正受給4万4,466件の闇=鈴木傾城

【関連】なぜAmazonは中国製の粗悪品だらけになった?日本人を狙い撃ちする中国留学生マニュアル=鈴木傾城

【関連】少子高齢化で日本は生涯現役「強制」社会へ、死ぬまで働く私達が幸せになる唯一の方法は?=鈴木傾城

【関連】なぜ年収数億円の有名人が破産する?私たち庶民にも参考になるたった1つの防衛策=鈴木傾城

【関連】日本発地獄行き。「念願のマイホームを買う」という幸せゲームの末路=鈴木傾城

【関連】フィリピン妻は結婚できない中年男を幸せにするか? 奇跡の婚活、夢の果てに=鈴木傾城

image by: metamorworks / Shutterstock.com
本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2024年5月30日)。
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編

[月額660円(税込) 毎週日曜日]
日本で最も「危険を感じさせる」と言われているブログ「ダークネス」。アジアの闇をテーマにした「ブラックアジア」。この2つのブログで月間約150万ビュー以上を叩き出している鈴木傾城のメルマガです。様々な事件や事象を取り上げて、ブログ「ダークネス」にも書き切れないホンネを書いていきたいと思います。

シェアランキング

編集部のオススメ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MONEY VOICEの最新情報をお届けします。