fbpx

なぜAmazonは中国製の粗悪品だらけになった?日本人を狙い撃ちする中国留学生マニュアル=鈴木傾城

すでにアマゾンなどを通して粗悪品がばらまかれる状況になっている。中国製のこんな粗悪品ばかり買っていると、日本全体が中国の粗悪品まみれになって社会の質が極度に劣化する。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

中国人が荒稼ぎ?安物に群がる日本人の「個人情報」も売られる…

アマゾンのサイトが「劣化」した?

アマゾン(Amazon.com, Inc.)は世界最大のショッピングサイトを運用するアメリカのインターネット企業である。アメリカ企業ではあるが日本社会にもすっかり定着して、日本の消費を担っている。

おおよそ、インターネットを使う人間でアマゾンのショッピングサイトを使ったことがないという人はいない。だから、最近はこのアマゾンのサイトが「劣化」してしまったことを多くの人が批判するようになっている。

何が起きているのか。

アマゾンはアマゾン自身がモノを売るだけでなく、企業や個人がアマゾンに「出店」してモノを売ることができる。そのため、日本にいる莫大な数の中国人が小遣い稼ぎでアマゾンに出店して、粗悪品を売りまくるようになっているのである。

彼らは中国のECサイトで安い粗悪品を大量に仕入れて日本に持ち込み、それを異常に安い価格で販売する。

電化製品、電動工具、パソコン周辺機器、アウトドア製品、カー用品、女性服、化粧品、雑貨用品、家具、文房具等々……、ありとあらゆる商品に中国製の粗悪品が紛れ込み、それらが「ただ安い」というだけで売れている。

中国人がアマゾンで日本人相手に荒稼ぎ

粗悪品はインターネットの写真よりも安っぽく、粗悪品だから当然すぐ壊れる。あるいは最初から壊れている。

当然、評価レビューは酷評の嵐になるのだが、中国人はこの評価レビューも操作しているので酷評と共に絶賛のレビューも大量にある

それでもいよいよ誤魔化しが効かなくなると、店を畳んでまた新しい店をアマゾン上に出して同じことを繰り返す

それだけではない。安物で釣ってモノを送らない業者もいる。100円、200円程度の小銭で買えるモノを送料無料にして出品し、最初からモノを送らない。たとえば、普通に買えば1,000円や2,000円するものが100円だったら、一瞬で1,000人から1万人の注文が入っても不思議ではない。

1,000人から100円を徴収すると、仮に1,000人の注文が入ったら10万円になる。10商品で同時にそれをやると100万円になる。モノは送らないので1週間ほどしたら「届かない」という苦情が入るが、苦情が入るとすぐに返金する。

しかし、モノが届かなくても「100円程度なら騙されたと思って忘れよう」と考えて泣き寝入りする人たちも多い。そういう人たちから薄く広くカネを集めて、評価レビューが「届かなかった」というコメントで悪評だらけになったら店を畳む。

Next: さらに「“安物に群がる日本人”の個人情報」も売られている…

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい