fbpx

なぜAmazonは中国製の粗悪品だらけになった?日本人を狙い撃ちする中国留学生マニュアル=鈴木傾城

「“安物に群がる日本人”の個人情報」も売られている

ただ畳むだけではない。この詐欺店は「安物に群がる日本人」の住所・氏名・電話番号という個人情報を手にしている。その個人情報をも、それを必要とする他の詐欺師に売ることができる。

それを繰り返して、モノさえも送らずに金儲けをする。

このような詐欺手口は中国人の留学生の間で「アマゾン攻略法」のようなマニュアルとして情報共有されている。そして、中国人がアマゾンで日本人相手に荒稼ぎしているのである。

それが今、アマゾンのショッピングサイトで起きている事態である。アマゾンのショッピングサイトは粗悪品まみれになって「劣化」してしまった原因がここにある。

今のシステムは悪用されている

アマゾンが「粗悪品」だらけになるに従って、人々は少しずつアマゾンに対して信頼感を持たなくなっていく。出品されている他の良心的な出品者に対しても懐疑的な目で見るようになる。

そうしたことが分かっているので、アマゾンも規定を厳しくしたり、クレームの多い店を排除したり、商品の見せ方や説明の仕方のルールを厳格にしたり、様々な対策を取るのだが、それでもイタチごっこになっているのは否めない。

そうであれば、消費者自身が粗悪品や詐欺を見抜く目を養うしかない

たとえば、「評価レビューにおかしくないか」とか「アマゾン配送以外は避ける」とか「類似品に比べて極度に安いものは買わない」とか「知っているメーカー以外は無視する」とか「商品説明の日本語が怪しいものは避ける」とか、そうしたことを徹底する必要がある。

しかし、買い物ひとつでそこまで神経を研ぎ澄まして買っている人ばかりではない。ショッピングとは本来は気軽なものだからだ。

それに、稀に安いのだが品質もしっかりしている商品もあるわけで、安いからすべて怪しいというわけでもないという面もある。だから、どんなに気をつけていても、買い物が多いと遅かれ早かれ粗悪品をつかむことになる。

文章を読むと、日本人が使わないような「つたない日本語」「おかしな日本語」がアマゾンのショッピングサイトでは横行している。

そうした商品ばかり並んでいるのを見ると、「こんな怪しい店が大量にあってアマゾンは大丈夫なのか」と思う人が増えても当然だ。それを避けるにしても、アマゾンに対する信頼感はゆっくりと消えていく

Next: 客の「良識」次第? 値段の安さに飛びつけば、問題はさらに大きくなる

1 2 3 4
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー