fbpx

天才投資家ジム・ロジャーズが日本人に警告「年金はあてにするな。早く海外へ逃げろ」=花輪陽子

日本では老後資金2000万円不足問題が連日メディアで賑わっています。しかし、天才投資家のジム・ロジャーズは「年金をあてにしている人は甘い」と警告します。(『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』花輪陽子)

※有料メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:花輪陽子(はなわ ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』(講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社+α新書)『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。

もはや日本だけにこだわるのはリスク?貯金も年金も目減りする

天才投資家へのインタビュー

2019年3月に冒険投資家として日本でも著名なジム・ロジャーズ氏のシンガポールの自宅に伺ってインタビューを行い、ジム・ロジャーズ著『日本への警告』(講談社+α新書)の監修をさせていただきました。

生まれ故郷のアメリカから脱出し、東南アジアという新天地で子どもの教育や理想的なライフスタイルなど人生で成功を手に入れたジム・ロジャーズ氏との出逢いは、私の人生を大きく変えるきっかけとなりました。

「年金をあてにしている人は甘い!」

日本では老後資金2000万円不足問題が連日メディアで賑わっています。しかし、ジム・ロジャーズは「年金をあてにしている人は甘い」と言います。

日本で貯めてきた貯金と政府からの年金を老後資金のあてにしている人は、甘いと言わざるを得ない。

日本政府が今後も紙幣を刷り続けるのであれば、日本円の価値は相対的に落ちるからだ。年金も、額面として受給できたとしても、その価値は保証されたものではない。

日本人は、財政破綻した旧ソ連による年金が、急速なインフレに伴いほとんどの価値を失ったことを思い出すべきだろう。

出典:『日本への警告』(著:ジム・ロジャーズ/刊:講談社+α新書)

日本が財政赤字の問題と少子化対策を長年放置していたツケは大きいと言うのです。

年金はマクロスライド形式でその時の経済状況に応じて支給額の調整がある上に、その時の日本円の価値がわからないので、それをあてにし過ぎるのは危険だと言うのです。

また、「歴史から学ぶべき」というメッセージを繰り返していました。

かつて、イギリスの通貨一ポンドあたりが五米ドルという時代があったことを思い出すといい。今は一ポンドあたり一・三米ドルだ。こうしたことが、歴史を通じて実際に起きていることを日本人は認識しておくべきだろう。

出典:『日本への警告』(著:ジム・ロジャーズ/刊:講談社+α新書)

つまり、1ドル200円という時代に逆戻りすることもあり得るということです。いつまでも円だけにしがみ付いているのはリスクがあるのです。

Next: ジム・ロジャーズが日本人に警告「早急に資金を国外に移すべき」

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい