fbpx

学生を売り飛ばすリクナビ「内定辞退率」提供の非道さ。AI悪用事例を作ったリクルートの罪=今市太郎

AIを利用したサービスビジネスにおいて、国内で顧客を大きく裏切るような悪辣なものが登場して大問題になっています。それがリクルートキャリアのリクナビにおける、内定辞退率データの顧客企業への売却問題です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年8月9日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

被害者はもっと多い?学生に不利な情報を勝手に売り飛ばす非道さ

ついにAI(人工知能)の不適切な活用事例が出た

多くの読者の皆様方はこの週末からいよいよお盆休みに突入されていらっしゃることと思いますが、今回の閑話休題は典型的なAIの誤用事例についてご紹介してみたいと思います。

ご存知のように投資の世界でもかなりAIの利用は進んでおり、当メルマガでもご紹介しました通りアナログチャート分析で過去の使用と酷似しているチャートを利用してこの先の相場を予測するとか、SNSで発せられている言葉から相場のセンチメントを分析して投資に活かすなど、驚くほどリアルな投資にAIが利用され始めている状況にあります。

そんな中で国内でAIを利用したサービスビジネスにおいて、顧客を大きく裏切るような悪辣なものが示現してしまい、大問題になっています。

それがリクルートキャリアのリクナビにおける内定辞退率データの顧客企業への売却問題です。

無償で新卒学生のデータ吸い上げ、勝手にAI分析して顧客企業へ売却

ネットが普及するにつれて、検索エンジンもブラウザも音声入力・会話アプリも、顧客のまったく気がつかないところでデータを勝手に分析し、それを二次利用するのはもはや当たり前の世界に入りつつあります。

しかし、今回リクルートキャリアがやらかした問題は、リクナビを無償で利用する新卒の就活生を完全に裏切る形となっており、AIを利用して分析した結果を顧客に売り飛ばすという点では相当悪辣です。

さらに、まったく信用ならないビジネススキームを平気で開発してしまった点が、許せないものとなっています。

簡単に言えば、就活生のほとんどが利用するようになっているリクナビのインプットデータをもとにして、利用者に一切承諾を得ることなくAIが勝手に分析して、内定辞退率を予測して顧客企業に売り飛ばしたというわけですから、リクルートを信用して利用した就活生を著しく裏切る行為になったことは言うまでもありません。

このサービスは昨年3月からスタートしているようですが、A社を過去に辞退した登録学生の企業閲覧履歴からAIが内定辞退率を5段階評価で表し、ご丁寧に就活生の名前を紐づけて企業に販売したという驚きのビジネスモデルなのです。

今のところ販売したのは38社のみということですが、競合関係にあったり人気企業同士の優秀な学生の取り合いというのはトップクラスの企業間で起こることですから、3万社のうちの38社しか売っていませんと言われても、「あぁそれはよかった」という話にはならないのが現実問題です。

利用する学生に「データの二次利用についての説明が不十分だった」というのがこの会社の弁明のようですが、「そうじゃないだろ?」という怒りがこみあげてくる内容になっているわけです。

Next: 学生にとって不利な情報を勝手に企業へ売り飛ばす非道さ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい